Lightning Works Unit がブロックエディタ対応になりました。

Lightning Works Unit が今までクラッシクエディタのままでしたが、ブロックエディタになるように仕様変更いたしました。

アップデートの際はご注意ください。

従来通りのクラッシックエディタを使いたい場合は、別途プラグイン「Classic Editor」をご利用ください。

Previous article
Lightning Pro ご利用の方は ExUnitの開発版で目次ブロックが使えるようになっています

Next article
初心者向けオンライン勉強会のご案内