レスポンシブスペーサーブロックでmargin-topを指定することで余白を揃えやすくなりました

VK Blocks のレスポンシブスペーサーで、margin-topでも余白を指定できるようになりました。今までは、スペーサーがheight指定だとスペーサー上の要素のmargin-bottomが異なるため、同じ高さの余白を作りにくかったのですが、margin-topを選ぶことで余白の高さを揃えやすくなります。

「余白タイプ」で「height」か「margin-top」を選択できます。

例えば、画像ブロックで配置した画像には、オレンジの部分がmargin-bottomとして指定されていますが、「余白タイプ」で「margin-top」を選ぶとmarginの相殺になります。

余白タイプ:height
余白タイプ:margin-top

heightを選んだ場合

margin-topを選んだ場合