Gutenberg用ブロック追加プラグイン

「VK Blocks」は、WordPress5.0で実装されるエディタ「Gutenberg」に対応したプラグインです。

WordPress公式ディレクトリに登録してありますので、WordPressの管理画面より無料でインストールしてご利用いただけます

また「ExUnit」の 新しい機能としても実装されております(Version 6.9.0以降)

これまで、htmlやcssを駆使して表示させていた要素(「質疑応答」や「契約までの流れ」など)を、クリック一つでコンテンツに表示させることができる、大変便利なプラグインです。

使えるブロックの種類

2018年11月時点で、

  • アラート
  • フキダシ
  • 質問と回答
  • フロー

の、4つの要素に対応しております。

アラート


注釈や補足などの説明を、色付きの枠で差別化したい時に使えます。プルダウンを切り替えて、背景色を変更いただけます。

フキダシ


顔写真やイラストと吹き出しを組み合わせて、いかにもその人(キャラクター)が話しているかのように見せたい場合に使えます。

質問と回答


よくある質問など、見た目で分かりやすく見せたい場合に使えます。

フロー


「契約までの流れ」や「サービス開始までの流れ」など、時系列で順を追って説明したい場合に使えます。

一緒に表示される下向き矢印は、時系列を表現するのに最適ですが、最後の要素(目的)に到達したら不要です。その場合、設定で消すこともできますので、ご参考までに。

GitHub

「VK Blocks」利用方法

「VK Blocks」をご利用いただくには、WordPress4系の場合は、プラグイン「Gutenberg」のインストール・有効化が必要です。その上で

  1. 「VK Blocks」プラグインをインストール・有効化
  2. ExUnit」プラグインをインストール(アップデート)

の、2通りがございます。

「VK Blocks」プラグインをインストールしてのご利用

「管理画面」→「プラグイン」→「新規追加」から「VK Blocks」プラグインを検索してインストール、有効化してご利用ください。

「ExUnit」プラグインをインストール(アップデート)してのご利用

プラグイン「VK All in One Expansion Unit」が入っていない場合は、「管理画面」→「プラグイン」→「新規追加」から「VK All in One Expansion Unit」を検索してインストール、有効化してください。

その後、「管理画面」→「ExUnit」をクリックして、ページ内にある「VK Blocks(Beta)」にチェックをつけて「変更を保存」ボタンをクリックしてください。これでご利用いただけます。

「VK Blocks」の使い方

実際にどのようにして使うのか動画にまとめましたので、よろしければご確認くださいませ。
(注:音が出ます)

GitHub