VK Google Job Posting Manager

Google 求人情報掲載用プラグイン

VK Google Job Posting Manager は、自社サイトの募集要項の情報をGoogle求人情報に表示させるためのWordPress用プラグインです。

WordPress公式ディレクトリに登録してありますので、ご利用のWordPressの管理画面より無料でインストールしてご利用いただけます

Google 求人情報とは

Google求人情報は、Googleの新しい求人検索サービスです。求職者が「業種」「求人」「地域」など想定されるキーワードで検索すると「Google求人情報」で集められた情報が1ページ目に表示されます。


大手求人サイトでは、掲載料の支払いや採用の際に報酬の支払いが発生しますが、Google求人情報への掲載は無料です。

ただ、Google求人情報に表示させるには、ガイドラインに従って構造化データを作成するなど専門知識が必要です。

Google求人情報に登録するメリット

  • 大手求人サイトへの掲載料を削減できる
  • 自社採用サイトのアクセスアップ
  • より多くのマッチする人材に出会える

設定手順

ダッシュボードの【プラグイン】>【 新規追加 】でキーワードに
【 VK Google Job Posting Manager 】 と入力しインストール後、有効化してください。

ダッシュボードの【設定】>【 VK Google Job Posting Manager 】に進んでください。

投稿タイプの選択と共通設定

以下のような設定画面が表示されます。

「投稿タイプを作成」にチェックすると、 求人情報の投稿タイプを自動的に作成します。
その必要がない場合は、ひとつ下のチェックボックスから、入力フォームを表示したい投稿タイプ(「投稿」や「固定ページ」)を選択してください。

必要に応じて各項目を入力し、【変更の保存】をクリックして設定を保存します。

入力フォームの確認

設定が完了すると、該当の投稿タイプ(この場合は固定ページ)に入力フォームが追加されているのが確認できますので、各項目を入力してください。

なお、このフォームに入力がない場合は、共通設定の内容が反映されます。

求人投稿ブロックでコンテンツエリアに追加

フォームの内容をコンテンツエリアに追加したい場合は、「ウィジェット」の求人投稿ブロックを選択してください。

また、「テーブルのスタイル」では「デフォルト」と「ストライプ」の2種からスタイルを選ぶこともできます。

デフォルト
ストライプ

このようにGoogle 求人情報に対応した募集要項の表を簡単に作成することができます。