WordPressサイトの引っ越しを基本の手順で作業する場合、FTPの操作やデータベースの扱いに慣れていない人には少し難しく感じるかもしれません。

  • 移行元でWordPressサイトデータのバックアップ / データベースのバックアップ
  • 移行先でデータベースを作成 / wp-configファイルの書き換え
  • 移行先でデータベースのインポート / WordPressのサイトデータをアップロード

そこで、WordPressの引っ越しに便利なプラグイン All-in-One WP Migration を使えば、WordPressのサイトデータもデータベースもまとめてひとつのファイルにエクスポートし、後は、移行先でそのファイルをインポートするだけで簡単に引っ越しできるのでオススメです。

All-in-One WP Migration プラグインの魅力や基本的な使い方については、以下の記事で紹介していますので読んでみてください。

今回は、このプラグインを使って引っ越しする際の注意点や、事前に知っておくとよいこと、専用プラグインを使ったアップロードサイズの増やし方などについてご紹介します。

All-in-One WP Migration を使って移行する前の注意点

移行元と移行先のPHPバージョンを揃えておく

移行元と移行先のPHPバージョンが異なると、All in one WP Migrationでインポート時にエラーが起きる場合があるようです。予期しないエラーを防ぐためにもPHPのバージョンを事前に揃えておくことをオススメします。

PHPバージョンの確認方法やバージョンアップの手順については、以下の記事を参考にしてください。

移行元と移行先でWordPressを最新にアップデートしておく

All-in-one WP Migration でインポートすると、データベース、メディア、プラグイン、テーマについては上書きしますが、WordPress本体は上書きしないようですので、移行元と移行先でWordPressのバージョンに差異がありすぎると、移行後にトラブルがおきる可能性も考えられます。そのため、移行元でバックアップを取った上でWordPressを最新にアップデートしておき、移行元・移行先でWordPressのバージョンを揃えておくと安心です。

移行元でエクスポートする時の注意点

無料版でエクスポート先を選択できるのは「ファイル」のみ

【All-in-one WP Migration】 > 【エクスポート】にてエクスポート先をクリックすると、たくさん項目が表示されますが、無料版では「ファイル」のみ選択できます。FTP、Dropbox、GoogleDriveなどに直接エクスポートするには、有料版を購入する必要があります。

必要なデータのみエクスポートする時は高度なオプションを利用する

All-in-one WP Migration は、全てのデータ(画像、テーマのファイル、データベース、プラグインのファイル)をひとつのファイル ( 独自フォーマットで拡張子が「.wpress」のファイル ) にしてエクスポートしますが、「高度なオプション」を利用して必要なデータのみエクスポートすることもできます。

例えばアップロードした画像を除外したい時は「メディアライブラリをエクスポートしない」にチェックを入れてエクスポートします。そうすることでファイルサイズを抑えることになります。

ただし、移行後にメディアの画像などを FTPで直接サーバーへアップロードする必要があります。

メディアのデータは 「WordPressを設置しているディレクトリ/wp-content/upload」 に保存されているので、移行元でデータをダウンロードし、移行先の同じディレクトリへアップロードすればOKです。

エクスポートするたびにサーバー上に.wpressファイルが生成される

【All-in-one WP Migration】 > 【エクスポート】で「ファイル」をクリックすると、自動的にエクスポートが始まり、エクスポートが完了すると以下のボタンが表示されますが、この時点でサーバー上に.wpressファイルが生成されているのを確認できます。

また、.wpressファイルは エクスポートするたびに 「WordPressを設置しているディレクトリ/wp-content/ai1wm-backups」に保存されていきます。

不要な.wpressファイルはバックアップまたはFTPから削除する

不要な.wpressファイルは【All-in-one WP Migration】 > 【バックアップ】より削除するか、「WordPressを設置しているディレクトリ/wp-content/ai1wm-backups」からFTPで直接ファイルを削除して大丈夫です。 FTPで削除すると、この画面からも消えます。

ちなみに【バックアップ】 には、有料版でのみ使える「復元」ボタンや、.wpressファイルをダウンロードできるボタンがあります。また「バックアップを作成」をクリックすると、データのエクスポートがすぐに始まります。

移行先では最大アップロードファイルサイズに注意する

無料版の All-in-One WP Migration では、インポート時の最大アップロードファイルサイズが 512MB 未満と制限がありますが、 【All-in-one WP Migration】 > 【インポート】 の画面で初期表示されるサイズは、ご利用のサーバー側の設定が反映されます。
移行元でエクスポートした.wpressファイルの容量がこの値より大きいと移行先でインポートできませんので、移行先の環境で上限値を増やす必要があります。

最大アップロードファイルサイズを増やす4つの方法

最大アップロードファイルサイズを上げる方法」をクリックすると、以下のような英語のページが表示されます。

この英語のサイトでは、WordPressで最大アップロードファイルサイズを増やす4つの方法を案内しています。
ただし、サーバーによってはどの方法でも上限値を変更できるとは限りませんので、ご注意ください。

  1. .htaccessファイルを更新する
  2. wp-config.phpファイルを更新する
  3. ホスティングプロバイダーに連絡する
  4. プラグインを使用する

また、「1」~「3」の方法だとWordPressのメディアからアップロードできる最大アップロードサイズ(以下の画像参照)にも反映されますが、「4」の専用プラグインを使う方法では、All-in-One WP-Migration に限ってサイズを512MBまで引き上げてくれます。

今回は「4」のプラグインを利用して最大アップロードファイルサイズを増やす方法をご紹介します。

「3」の方法で主要なレンタルサーバーで最大アップロードファイルサイズを変更する手順については、以下の記事を参考にしてください。

プラグイン All-in-One WP Migration File Extension を使って最大アップロードファイルサイズを増やす

「4」の方法にあるリンク先 https://import.wp-migration.com にアクセスすると、以下のページが表示されます。「Basic」の「Download」をクリックしてください。無料でダウンロードが可能です。

「all-in-one-wp-migration-file-extension.zip」をダウンロードし、任意の場所に保存してください。 この後、ZIP形式のままでこのプラグインをインストールしますので、展開する必要はありません。

ダッシュボードの【プラグイン】>【新規追加】から「プラグインのアップロード」より、保存した「all-in-one-wp-migration-file-extension.zip」を選択し、インストール後に有効化してください。

【 All-in-One WP Migration 】 >【インポート】を開くと512MBに増えているのが確認できます。

このように、事前作業や確認しておく点についてあらかじめ知っておけば、実際に引っ越しする際に手間取らなくて済むかと思いますので、是非参考にしてください。

以上、All-in-One WP Migration を使ってWordPressを引っ越しする時の注意点とアップロードサイズを増やす方法のご紹介でした!

Follow me!

Author Profile

ササキ カオリ
ササキ カオリ
某レンサバ会社に時々勤務しつつ、株式会社ベクトルにてWordPressの修行中。今はチームで働くのが楽しいフリーのWEBデザイナー&フォトグラファー。Instagramは毎日postしていて800日以上継続中。

初心者でも簡単!無料WordPressテーマ

100%GPL / 商用利用可能

Lightning は WordPress公式ディレクトリに登録されているカスタマイズ性の高いテーマです。
デモデータも配布されているので、ビジネスサイトの雛形が数分でセットアップできます。

VWSオンラインコミュニティー

オンラインコミュニティでは、より良いテーマ・プラグイン開発のため、機能改善・追加要望などの書き込み大歓迎です!
ユーザー同士の交流や意見交換の場としてもお気軽にご参加ください。
※質問はフォーラムでのみ対応となります。