VK Block Patternsは、独自のブロックパターンを登録したり、VK Patterns Libraryのお気に入りパターンを表示させることができる、大変便利なプラグインです。

ブロックパターンとは?

ブロックパターンはWordPress5.5から追加された機能です。ブロックパターンは複数のブロックを組み合わせて作られています。

ブロックを追加する時に画面左にパネルが表示され、その中に「パターン」という項目があります。

プルダウンまたは「参照」から使いたいパターンを選択してクリックすると、記事本文欄に選んだパターンが配置されます。

VK Block Patterns のインストール

VK Block Patternsは公式ディレクトリに登録済みですので、ご利用のWordPressの管理画面より無料でインストールできます。

VK Block Patterns の主な機能

  • 独自パターンの登録機能
  • VK Block Patterns デフォルトパターン
  • WordPress標準パターン / VK Block Patterns デフォルトパターンの停止機能
  • VK Patterns Library との連携機能

独自パターンの登録機能

パターンの中に自作のブロックパターンを追加できます。

独自パターンの登録方法

VK Block Patterns を有効化すると管理画面の左メニューに「VK ブロックパターン」が追加されます。こちらからブロックパターンを登録します。

本文欄に登録したいブロックの組み合わせを配置します。

カテゴリーの登録

必要に応じてカテゴリーを登録してください。あくまでおまけ機能なので特に指定しなくてもかまいません。

入力できたら公開ボタンを押して完了です。

登録したブロックパターンの確認

ブロックの追加からパターンを確認すると、作成したブロックパターンが登録されているのが確認できます。

※ブロックパターン登録ページで確認する場合は保存して一度ページを再読み込みしてください。

登録権限の設定

VK ブロックパターンからブロックパターンを登録する権限を設定する事ができます。制作会社が納品先用にあらかじめよく使うパターンを登録しつつ、無駄に沢山登録されたくない時などの利用を想定しています。

ダッシュボードの 設定 > VK Block Patterns 「権限設定」から設定できます。寄稿者以上 / 投稿者以上 / 編集者以上 / 管理者のみ から選択が可能です。

VK Block Patterns デフォルトパターン

VK Block Patternsを有効化すると、パターンにVK Block Patternsのデフォルトパターンが追加されます。WordPress標準パターン以外に利用できるパターンが増えるので、大変便利です。

VK Block Patterns デフォルトパターンの例

WordPress標準パターン / VK Block Patterns デフォルトパターンの停止機能

編集画面から呼び出すパターンを必要に応じて非表示にできます。WordPressの標準パターンはほとんど使わないので非表示にしたい、といった時に便利です。

非表示にできるパターン

  • WordPress 標準のパターン
  • VK Block Patterns のデフォルトパターン

ダッシュボードの 設定 > VK Block Patterns 「デフォルトパターン設定」で設定を行います。

VK Block Patternsでは「VK Patterns Library」との連携も簡単にできます。

VK Patterns Libraryとは、Vektor,Inc.が提供するコピペで使えるWordPress のブロックパターン集です。連携することで VK Pattern Library でお気に入りに登録したパターンをエディター上で直接呼び出す事ができます。

VK Pattern Library のユーザー登録

連携の設定は、まず最初に VK Pattern Library のユーザーを発行する必要があります。

STEP
1

お気に入りのパターンを登録

自分でよく使いそうなパターンを登録してください。

STEP
2

ご利用のWordPress側の設定

最後に VK Pattern Library でお気に入りに登録したパターンをご利用のWordPressから呼び出すためにアカウントを登録します。

ダッシュボードの 設定 > VK Block Patterns > VK Patterns Library 設定の「VWSアカウント連携」で行えます。VWSマイアカウントに登録しているメールアドレスを入力し、設定を保存してください。

STEP
3

ご利用のWordPress側でお気に入りパターンを使用する

連携設定が完了するとお気に入りのパターンを読み込む事ができます。

STEP
4