ブロックパターン集をワンクリックでプラグイン化

オリジナルのスタイル集





ページテンプレート集を作れる
テーマに依存しないからプラグインにして使い回しできる
作ったプラグインは簡単にメンテナンスできる

こんな方に喜んでいただけます

受託案件で忙しいデザイナー

WordPresssサイトを制作する際によく使うブロックの組み合わせをパターン集として登録し、プラグイン化。作ったプラグインを使い回すことで効率よくサイト構築ができます。

スタイル集・ページテンプレートを販売したい

オリジナルのブロックパターン集をプラグインにして、ご自身のサイトなどで自由に配布・販売できます。

プログラム知識不要! 使い方は簡単

オリジナルのブロックパターン集を作成

  • 独自CSSカスタマイズしたブロックパターンも登録できます
  • セクションパターン集
  • ページまるごとパターン化した業種別・ページ別の
    テンプレート集

など自由に作成・登録してください。

ブロックパターンなので特にテーマの垣根はありません

  • 特定のブロックプラグインを使用したパターンの場合は、そのプラグインがユーザー環境に入っていない場合はその部分に影響します。
  • VK Blocks / VK Blocks Pro のブロックを使った場合、ユーザー環境にVK Blocksがインストールされていない場合はパターン自体が自動的に非表示になります。

ワンクリックでプラグイン化

  • プログラム知識不要
  • 一度プラグイン化したパターンを簡単に再編集・再書き出し可能

ブロックパターン集ができたらワンクリックでプラグインを自動生成!あとはプラグインを有効化するだけ。ページ編集画面「パターン」に作ったブロックパターンが表示されます。

そもそもブロックパターンとは?

ブロックパターンは、WordPress5.5から追加された機能です。複数のブロックを組み合わせたパターンを一括で挿入する事ができます。

ブロックを追加する時に「すべて表示」をクリックすると画面左にパネルが表示され、その中に「パターン」という項目が追加されています。このパターンは複数のブロックを組み合わせて作られているものです。

ブロックパターン

詳しい使い方はぜひ動画でご覧ください

プラグイン
VK Block Pattern Plugin Generatorのインストール

ダウンロードしたzip形式のファイルをご利用のWordPressの管理画面よりインストールしてください。

VK Block Pattern Plugin Generatorの使い方

専用の投稿タイプでブロックを登録

VK Block Pattern Plugin Generator を有効化すると専用の投稿タイプが生成され、管理画面の左メニューに「Pattern Genaretor」が追加されます。こちらからパターンを登録します。

ブロックの組み合わせを配置して公開

編集画面の本文欄に登録したいブロックの組み合わせを配置し、カテゴリーを指定の上で公開してください。

投稿の際はカテゴリーも指定してください。未指定の場合使用できません。

STEP
1

データ管理・設定画面でプラグイン名を入力

データ管理・設定画面でプラグイン名を英数字で入力します。

STEP
2

エクスポートボタンを押すだけ!

「新規プラグインとしてエクスポート」ボタンをクリックするとプラグインとして書き出されます。

STEP
3

プラグイン有効化で即時利用可能

プラグイン一覧画面に作成したプラグインが表示されますので、有効化をクリックしてください。

ページ作成画面でパターンから配置

新規固定ページ作成画面にて「パターン」からカテゴリーを指定すると、登録したパターンが表示されます。クリックするだけで編集画面の本文欄へ配置できます。

STEP
4

作成したプラグインは再編集可能

一度書き出したパターンのプラグインからパターンの情報を再度インポート・編集・再書き出しがスムーズに行えます。

CSSでカスタマイズしたブロックもパターンに登録可能

パターン作成画面でクラス名を指定

「高度な設定」の「追加CSSクラス」にクラス名を指定してください。

データ管理・設定画面でCSSを記述

CSSの内容はデータ管理・設定画面「カスタムCSS」に記述してください。