BizVektorからLightningへテーマを変更するときにやる作業 Part3

この記事は「 WordPress Theme Lightning & BizVektor 他 Advent Calendar 2017 」12月14日の記事になります。
こんにちは、久納です。前回の記事「BizVektorからLightningへテーマを変更するときにやる作業 Part2」に引き続き、Part3の記事を書かせていただきます。

BizVektor標準のお知らせ機能(カスタム投稿タイプ)の移行

BizVektorには、カスタム投稿タイプのお知らせ機能がついております。
この機能もLightningは標準ではついておりませんので、ExUnitプラグインで実装していきます。
なんと嬉しいことに、テーマファイルをカスタマイズすること無く自動で作成することができます!

カスタム投稿タイプ/分類の作成

初心者用:管理画面から設定する

ExUnitのカスタム投稿タイプマネージャーを利用すると、プログラムを書くことなくカスタム投稿タイプ/分類の作成ができます。

詳細はこちらのページに設定方法が記述してありますので、こちらを見ながら設定してみてください。

カスタム投稿タイプマネージャーの設定方法

プログラムの知識のないわたしでも簡単にできましたー(>_<)

なんて便利なんだ!神プラグイン!!

上級者用:function.phpに記載する

詳しくは以下のページの「function.phpに記載する場合」をご覧ください。
カスタム投稿タイプの設定
設定したら最後に「設定」→「パーマリンク設定」を必ず保存してくださいね!
※保存しないと項目が出てきません。

まとめ

ここまで作業ができれば、なにも怖がらずに(?)BizVektorからLightningへ変更できます!
3つの記事に分けて説明していきましたが、いかがでしょうか?なんか簡単そう!と思っていただけると嬉しいです。

テーマ変更を考えている方はぜひぜひ参考にしてみてくださいね。

それではまた~(^^)/

Author Profile

久納美幸
WEBのデザインやCSSコーディング業務を担当しています。
絵を描くことが好きです。Lightningテーマで四コマブログを描いています。

WordFes Nagoya(2013-2017)では、名古屋版わぷーを制作しました。

2016年秋に子を産み母という立場になりました。子が産まれると悩みが尽きません…(ヽ´ω`)

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※このエリアは多機能プラグイン「VK All in One Expansion Unit」で一括挿入しています。投稿タイプ毎または記事毎に表示内容を変更する事も可能です。

Lightningは twitter Bootstrap ベースのシンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマです。
プラグイン VK All in One Expansion Unit とセットで使う事でビジネスサイトにもブログにも活用できます。