はい、みなさんこんにちは。いしかわでございます。

さて、先日雨の中キャンプツーリングに行ってきまして、そのブログを書いてアクセス解析のGoogleAnalyticsを設定しようとしたのですが…

トラッキングコードを発見できませんでした。

びっくり。

以前の画面

以前はこんな感じでトラッキングコードを確認できました。

STEP
1
STEP
2

新しくプロパティを作成した場合

『トラッキングコード』の記述がなく『データストリーム』に…

STEP
3
STEP
4

『ウェブストリームの詳細』から測定IDが取得できます。

注意

プロパティのIDと測定IDは違うので注意しましょう。

STEP
5

ExUnitの解析タグの仕様変更

そして、G-XXXXXXXXXX になったのはわかったのですが、プラグイン VK All in One Expansion Unit のGoogle Analytics 解析タグは UA- は固定で、後ろに続く数字を入力してもらう形式でした。以下が以前の設定画面です。

9.40までの解析コード登録画面

このままだと計測ができなかったため、仕様変更を行い 9.41.0.0 では G- から入力する方式に変更しました。

9.41〜のGAコード設定画面

数字だけ入力されている場合は自動的に先頭にUA-が付与されて出力されますので今まで運用している方が特に何か作業する必要はありません。

おそらくこの対応で良いと思うのですが、Google Analytics 詳しい方で現状のExUnitの出力方法だとまずいなど情報ありましたらご連絡いただけると助かります。

追記

Follow me!

この記事を書いた人

石川栄和代表取締役
名古屋のウェブ制作会社数社に10年程度務めた後、株式会社ベクトル設立。
企画・運営・コンサルティング〜WordPressを中心としたシステム開発まで幅広く携わる。
[ 著書 ]
・いちばんやさしいWordPressの教本(共著)
・現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド(共著)
[ 最近のWordPressコミュニティでの活動 ]
2019 WordCampNiigata セッションスピーカー
2019 WordCampHaneda セッションスピーカー
2018 WordCampOsaka セッションスピーカー
2017 WordCampKyoto セッションスピーカー

初心者でも簡単!無料WordPressテーマ

100%GPL / 商用利用可能

Lightning は WordPress公式ディレクトリに登録されているカスタマイズ性の高いテーマです。
デモデータも配布されているので、ビジネスサイトの雛形が数分でセットアップできます。

VWSオンラインコミュニティー

オンラインコミュニティでは、より良いテーマ・プラグイン開発のため、機能改善・追加要望などの書き込み大歓迎です!
ユーザー同士の交流や意見交換の場としてもお気軽にご参加ください。
※質問はフォーラムでのみ対応となります。