インスタグラムにアップした写真や動画を WordPressにも表示できるプラグイン「Instagram Feed」


若い女性を中心に人気の SNS「Instagram(インスタグラム)」。使ってるよという方も多いのではないでしょうか。

写真や動画を投稿するだけの手軽さから個人のみならず、企業や団体でも活用しているケースを多く見かけますが、ファンの獲得には苦労しているご様子で…

より多くの人に興味を持ってもらうには、写真や動画を工夫するなどテクニック的な要素は当然ありますが、その前に、そもそもインスタやってるんだと知ってもらう必要があります。

PRの一つとして運用中のサイトで紹介する方法がありますが、WordPressでサイトを運用中の場合、「Instagram Feed」プラグインを使うことで、インスタグラムにアップした写真や動画一覧を 簡単に サイト内に表示させ、PRすることができます。

そこで「Instagram Feed」プラグインの設定について、サクサクっと説明していきます。

「Instagram Feed」プラグインの設定

1. 「Instagram Feed」プラグインをインストール

検索結果の「Instagram フィード」プラグインを選択する

管理画面のプラグインページから、新規追加。検索窓に「Instagram Feed」と入力してヒットした中から「Instagram フィード」と書かれたプラグインを選択してインストール。や、ややこしい…

2. インスタグラムにログインした状態で初期設定を行う

「Log in and get my Access Token and User ID」ボタンをクリック

「アクセストークン」「ユーザーID」を表示させ、該当箇所に入力

プラグインを有効化し、インスタグラムにログインした状態で「Instagram Feed」の管理画面を表示。「1. Configure」タブ内の設定をしていきます。

「Log in and get my Access Token and User ID」と書かれたボタンをクリックして、インスタの「ユーザーID」「アクセストークン」を表示させ、それぞれ該当箇所に入力し「変更を保存」ボタンをクリック。

わざわざ、インスタの開発者ページでアプリの登録を行ったりアクセストークンを発行したりする必要がないので、簡単に設定できます。ちなみにですが、ユーザーIDは任意に設定した「ユーザーネーム」とは違い、7桁〜10桁の数字(弊社「vektor_inc」アカウントの場合、ユーザーIDは「3019054026」)で表されます。

3. 固定ページ・投稿ページ・サイドバーなど表示させたい箇所にショートコードを貼り付ける

表示させたい箇所にショートコード「[instagram-feed]」を貼り付けることで、インスタグラムに投稿した写真や動画一覧が表示されます。

まとめ

[instagram-feed]
「Instagram Feed」プラグインは、管理画面からの設定でサイズや表示件数をカスタマイズ出来たり、ショートコードに追記することで自分以外のインスタユーザーのフィードを表示することが出来たりと、使い勝手が良いプラグインです。

たとえば、女優の土屋太鳳さんのフィードをここにも表示させたい! としましょう。その場合のショートコードの設定は「[instagram-feed id=”4252892370(土屋太鳳さんのユーザーID)”]」となります。

ユーザー IDの取得方法は、写真や動画ページの URLをコピーして こちらのページ に貼り付けることで取得できます。
[instagram-feed id=”4252892370″ background=#F5F6F9]
有償版では、ハッシュタグ機能を使うことも出来るので、表示箇所ごとに細かな調整が出来るようにもなります。

インスタグラムを活用してのコミニュケーションは、今後もますます広がっていくと予想されますので、「Instagram Feed」プラグインを活用して PRしてみてはいかがでしょうか。

Follow me!

採用情報

初心者でも簡単!無料WordPressテーマ

100%GPL / 商用利用可能

Lightningは WordPress公式ディレクトリに登録されているカスタマイズ性の高いテーマです。
デモデータも配布されているので、ビジネスサイトの雛形が数分でセットアップできます。