自分のPC内に簡単にWordPressのローカル開発環境をつくれる! Local by Flywheel の設定方法

みなさんローカルの開発環境は使ってますか?

ローカル環境とは、自分のPC内にインターネット上のサーバーと同じような環境にしたものです。

WordPressのファイルが自分のPCにあってもそのままではサイトは見られませんよね?

ローカル環境を作っておけばインターネットに接続していなくても自分のPCの中だけでWordPressを動かす事ができます。

ローカル開発環境があると、以下のようなメリットがあります。

ローカル開発環境のメリット

  • 本番サーバーではないので安心してアップデートやカスタマイズのテストができる。
  • テストサーバが自分のPC内なので、ファイル変更などの確認もインターネット接続や変更ファイルのアップロードが不用。
  • テストサーバーが共用のレンタルサーバーの場合、なにかやらかしてサーバーに高負荷をかけて他の人の迷惑になる事がある
  • テストサーバーで全て構築して、プラグインでサイト一式を引っ越して運用する事も可能。
  • 逆に本番サーバーのデータをローカルに複製して、検証や改修が心おきなく行える。

私の場合はWordPressのローカル環境を構築する時、随分前にXAMPPやMAMPを試したことがありますが、設定がちょっと複雑だったような気がします。ちなみにMAMPの設定に関してはこちらのブログでも過去に紹介されています。

でも「Local by Flywheel」は、インストールも設定も、とっても簡単で分かりやすかったのでおすすめします!

Local by Flywheelをインストールする

Local by Flywheelの公式サイトにアクセスし、 「FREE DOWNLOAD!」をクリックしてください。

こちらの画面では、まずMacかWindowsを選ぶのですが、私はWindowsを選びました。

他、いくつか入力項目がありますが、E-mailのみの入力で 「GET IT NOW!」をクリックすると、先に進むことができました。

「Your download is starting!」が表示され、ダウンロードが始まります。

以下のようなexeファイルがダウンロードされたら、ダブルクリックしてください。

このようなメッセージが表示した場合は、エラーリポートを開発者に送信するかどうかの確認ですので、送信不要の場合は「いいえ」をクリックして進んでください。

「LET’S GO!」をクリックするとインストールがスタートします。

お使いのPCに仮想環境を構築できるソフト「VirtualBox」などが自動でインストールされるようです。

このような画面が表示されたら、Local by Flywheelのインストールは完了です。

ローカル環境にWordPressをインストールする

ローカル環境にWordPressをインストールするには、「CREATE A NEW SITE」をクリックしてください。

「サイト名」を入力して「CONTINUE」をクリックしてください。


ちなみに 「CONTINUE」で進む前に 「ADVANCED OPTIONS」をクリックしてみると、このような項目が表示されました。
ここでは特に設定を変更せず「CONTINUE」で進みました。

次に、WordPressをインストールするのに必要な環境設定です。

「Preferred」を選ぶと、PHPとMySQLは最新バージョン、 Webサーバーはnginxが自動的に設定されますが、後からいつでも変更できるそうです。

ちなみに「Custom」を選んだ場合の画面がこちらです。

  • PHPのバージョン
  • Webサーバーの種類(nginxかApacheを選べます)
  • MySQLのバージョン

を指定できます。 ここでは「Preferred」のままで先に進みます。

次にWordPressの以下の項目を入力します。

  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス

「ADD SITE」をクリックしてください。これでWordPressのインストールは完了です。

Local by Flywheelの基本的な使い方

こちらはLocal by Flywheelの基本画面です。
画面左下にある「+」マークから、先にご紹介した「ローカル環境にWordPressをインストールする」手順と同じ操作を行えば、いくつでもWordPressのサイトを追加することができます。


また、「STOP SITE」となっている状態では、ローカルサーバーはすでに起動しているということになります。
ローカルサーバーを停止する時は 「STOP SITE」をクリックします。

「START SITE」をクリックすると、再びローカルサーバーが起動する仕組みです。

WordPressのインストール時に設定した環境設定の変更は、ローカルサーバーが起動している状態で、「Local Environment」の「CHANGE」→「Custom」から行います。
Webサーバー、PHPバージョン、MySQLのバージョンの変更が、後からいつでもできます。


「DATABASE」の「ADMINER」をクリックすると、データベース管理ツール「Adminer」が起動します。

「Adminer」は「phpMyAdmin」と違ってシンプルな感じなんですね。

サイト名下にある「」マークをクリックすると、作業ディレクトリが表示されます。

WordPressサイトの表示方法

「VIEW SITE」をクリックするとブラウザが起動し、WordPressサイトが表示されます。

「ADMIN」をクリックすると・・・

WordPressのログイン画面が表示されます。

WordPressサイトの言語設定を変更する

ダッシュボードにログインしてみると、初期設定では英語表記になっているようです。

日本語に変更するには「Setting」の「General」をクリックしてください。


「Site Language」は「日本語」を選択します。


「Timezone」は「Tokyo」を選択し、保存してください。

いつもの見慣れた「一般設定」になりました。

直感的に使いやすく、動作も早く、Local by Flywheelだけで複数のローカル環境を管理でき、言うことなしです!他にも色々試していこうと思います。

Author Profile

佐々木香
佐々木香
大阪枚方市在住のWEBデザイナー&フォトグラファー。
WEBサイト制作・出張撮影・フォトレッスンなどで、WEBと写真のお悩みを解決&サポートしています。
Instagramは毎朝投稿、500日以上継続中。

Follow me!

採用情報

初心者でも簡単!無料WordPressテーマ

100%GPL / 商用利用可能

Lightning は WordPress公式ディレクトリに登録されているカスタマイズ性の高いテーマです。
デモデータも配布されているので、ビジネスサイトの雛形が数分でセットアップできます。

VWSオンラインコミュニティー

有料ユーザー限定のオンラインコミュニティでは、より良いテーマ・プラグイン開発のため、機能改善・追加要望などの書き込み大歓迎です!
ユーザー同士の交流や意見交換の場としてもお気軽にご参加ください。