PHPバージョンの互換性をチェックできるプラグインPHP Compatibility Checker

,

  1. Staff Blog
  2. WordPress
  3. PHPバージョンの互換性をチェックできるプラグインPHP Compatibility Checker

現在多くのレンタルサーバーでは、PHP7をサポートしています。
PHP7は、PHP5に比べ実行処理速度が大幅に改善されており、WordPressの高速化が期待できます。
また、最新のPHPバージョンには、最新のセキュリティ機能が追加されているため、より高速により安全にWordPressサイトを運用するためにPHPのバージョンアップは欠かせません。

利用されているテーマやプラグインのほとんどは、最新のPHPで動作すると思われますが、保証はできないため、PHPをバージョンアップする前に問題ないかどうかのチェックはやはり必要です。

そんな時に便利なのが、プラグイン「PHP Compatibility Checker」です!

PHP Compatibility Checkerが優れている点

  • 実際にPHPバージョンを切り替える前に、WordPressのテーマやプラグインのPHPバージョンの互換性を自動的にチェックしてくれる
  • 問題がある場合には、エラーや警告を表示してくれる

PHP Compatibility Checkerの使い方

インストールして有効化

ダッシュボードの【プラグイン】>【新規追加】でキーワードに
【PHP Compatibility Checker】と入力しインストール後、有効化してください。

【ツール】>【PHP Compatibility Checker】が追加されますのでクリックしてください。

スキャン前の設定

確認したいPHPのバージョンを選択し、「プラグイン/テーマの状態」では、有効中のプラグイン・テーマのみか、無効分も含めてチェックするかが選べます。「サイトをスキャン」をクリックしてください。

「Now scanning」にて、今どのプラグインやテーマをスキャンしているかが分かります。

しばらくすると、結果が表示されました。

「詳細切り替え」をクリックすると詳細の確認ができます。
また、プラグインに最新のバージョンがある場合はおしえてくれますので、「更新版を利用可能」をクリックすれば、プラグインの更新画面へ移動できます。

一部のプラグインでは、選択したPHPのバージョンでは非推奨のPHPの機能に対する警告やエラーが表示していましたが、エラーメッセージすべてが、選択したPHPのバージョンでは動作しないというわけではないので、有名なプラグインであれば、特に問題ないと思われます。

また、誤って判定される可能性もあるので、このプラグインによるチェックが完璧とは言えないですが、このプラグインを上手に活用してPHPを常に最新のバージョンにアップデートしていきたいですね。

以上、PHPバージョンの互換性をチェックできるプラグインPHP Compatibility Checkerのご紹介でした!

この記事を書いた人

ササキ カオリ
ササキ カオリ
株式会社ベクトルでリモートワークしながら某レンタルサーバー会社にも時々勤務しているパラレルワーカーです。WordCamp Osaka 2019登壇しました。フジロックが好き。
フルサイト編集に対応したブロックテーマ X-T9

フルサイト編集対応ブロックテーマ

WordPress テーマ X-T9 は、WordPress 5.9 から実装されたフルサイト編集機能に対応した「ブロックテーマ」と呼ばれる新しい形式のテーマです。
ヘッダーやフッターなど、今までのテーマではカスタマイズが難しかったエリアもノーコードで簡単・柔軟にカスタマイズする事ができます。


PAGE TOP

このデモサイトは Vektor,Inc. のテーマとプラグインで構築されています。ご購入や詳細情報は下記のリンクもご参考ください。