初心者でもできる!WordPressのサイトを 外部サーバーにバックアップする手順( UpdraftPlus & AWS S3 )

バックアップを公開サーバーと同一サーバー内に置いていると、万が一サーバーの方でトラブルが発生してデータが消失した場合に復旧する事ができません。

そのために外部のサーバーにデータバックアップする事が望ましいのですが、今回は プラグイン UpdraftPlus を使って、AWSにバックアップする手順を紹介します。

AWSの料金は利用容量や転送量によって異なりますが、小規模な一つのサイトのバックアップなら一ヶ月で数十円〜300円以下で運用できると思います。

この記事はバックアップ用プラグイン UpdraftPlus を前提に解説しています。
UpdraftPlusについてはこちらの記事を参照ください。

この記事の設定を行うには予めAWSのアカウントが必要になります。
お持ちでない方はこちらから発行してください。

S3のバケットを作成する

AWSには様々なサービスがありますが、今回はS3というサービスを使います。

最初に画面左上のロゴをクリックして、AWS マネジメントコンソールに移動して、S3を検索します。

バケットという保存先の領域を作成します。

バケット名を適当に決めます。リージョンはアジアパシフィック推奨です。

バケットにアクセスできるユーザーの設定

IAM(Identity and Access Management)を開きます。

左メニューの「ユーザー」をクリックして、ユーザー一覧の画面に遷移したら、「ユーザーを追加」をクリックする。

任意のユーザー名を決めて、アクセスの種類は プログラムによるアクセス にチェックを入れます。

既存のポリシーを直接アタッチをクリックして、
 AmazonS3FullAccess にチェックして次のステップ

タグは無視して次のステップ

ユーザーの作成を実行します。

ダウンロードしたcsvに アクセスキーの鍵があります。大切に保管してください。

UpdraftPlusの設定

AWS側の準備ができたので、続けてバックアッププラグイン UpdraftPlus の設定をします。

設定 タブから Amazon S3 を選択して、ユーザー発行時のCSVファイルに記載のあるアクセスキーとシークレットキー、そして作成したバケット名を入力して保存します。

「今すぐバックアップ」でバックアップを実行してみます。

バックアップの確認

バックアップを実行したデータがS3に転送されているかどうか確認します。

保存先のバケット名をクリック

ファイルが作成されていたら成功です。

まとめ

いかがでしょうか?公開サーバーと同一でのバックアップは万が一サーバーに障害が発生した時にカバーできないので、リモートサーバーへのデータ保存も行う事をおすすめします。

参考

Author Profile

石川栄和代表取締役
名古屋のウェブ制作会社数社に10年程度務めた後、株式会社ベクトル設立。
企画・運営・コンサルティング〜WordPressを中心としたシステム開発まで幅広く携わる。
[ 著書 ]
・いちばんやさしいWordPressの教本(共著)
・現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド(共著)
[ 最近のWordPressコミュニティでの活動 ]
2018 WordCampOsaka セッションスピーカー
2017 WordCampKyoto セッションスピーカー
2016 WordCampTokyo LT
2016 WordCampKansai ハンズオン世話役
2015 WordCampTokyo セッションスピーカー
2015 WordCampKansai セッションスピーカー
2014 WordFesNagoya 実行委員 & セッションスピーカー
2013 WordCampTokyo セッションスピーカー(パネラー)
2013 WordFesNagoya 実行委員 & セッションスピーカー
2013 WordCrabFukui セッションスピーカー

Follow me!

採用情報

初心者でも簡単!無料WordPressテーマ

100%GPL / 商用利用可能

Lightning は WordPress公式ディレクトリに登録されているカスタマイズ性の高いテーマです。
デモデータも配布されているので、ビジネスサイトの雛形が数分でセットアップできます。

VWSオンラインコミュニティー

有料ユーザー限定のオンラインコミュニティでは、より良いテーマ・プラグイン開発のため、機能改善・追加要望などの書き込み大歓迎です!
ユーザー同士の交流や意見交換の場としてもお気軽にご参加ください。