Google アナリティクスより簡単!WordPress内でアクセス解析できるWP Statistics

アクセス解析にはGoogle アナリティクスを使っている人が多いと思いますが、いちいちGoogle アナリティクスを開くのが面倒だったり、高機能のため項目が多く分析するのが大変ですよね。。

もう少し簡単に、だいたいの指標がわかればいいという方、プラグイン「WP Statistics」はいかがでしょうか?

「WP Statistics」 の特徴

  • 外部サービスと連携しなくてもプラグイン単体で動作する
  • ダッシュボードからグラフや表で統計情報を一覧で見れる
  • 人気のある記事トップ10など記事毎のアクセスが確認できる
  • ログインユーザーの権限に応じて管理画面や解析画面を制御できる

「WP Statistics」プラグインの使い方

インストールして有効化

ダッシュボードの【プラグイン】>【新規追加】でキーワードに
【WP Statistics】と入力しインストール後、有効化してください。

【ダッシュボード】>【統計】が追加されます。

訪問者の国や都市名を表示させるには

WP Statisticsは特に設定しなくてもすぐに利用できますが、 初期設定では統計情報に国や都市名は表示されないので、必要な方は設定を行ってください。

【ダッシュボード】>【統計】 >【設定】 の「外部」にある「 GeoIP collection:」と「 GeoIP City」の有効化にチェックし「更新」ボタンをクリックしてください。

【統計】内に「国」が追加されます。

すぐには反映されませんでしたが、しばらくすると、フラグ、国、Cityの情報が表示されました。

統計情報の一覧

【ダッシュボード】>【統計】の「統計」自体をクリックすると、データや統計情報がグラフや表の一覧で表示されます。

  • 概要
  • ブラウザ(どのブラウザからのアクセスか)
  • トップ参照サイト( どのページから沢山アクセスしているか)
  • 上位10カ国( 国別の上位10ヶ国の訪問者数)
  • オンラインユーザー(現在ユーザーが閲覧しているページ)
  • ヒット統計(最近20日間のアクセス数と訪問者数)
  • Top Visitors(訪問者トップ10の詳細)
  • 参照元検索エンジン (どの検索エンジンから来たか)
  • 最近の訪問者(IPアドレス・どこのページから来たか)
  • Today’s Visitors Map(今日の訪問者をマップで表示)

「統計」内の項目について

「統計」の一覧表示だけでも十分なデータや統計情報が分かりますが、「統計」内には他にも色々な情報を確認することができます。

投稿一覧にもヒット数が表示される

【投稿】>【投稿一覧】の個別記事にもヒット数が表示されるので便利ですね。

ログインユーザーにより管理画面と統計画面を制御できる

WordPressのログインユーザーの権限の種類により、統計情報を表示させる・させないの設定ができます。

データのエクスポート

【統計】>【最適化】の「エクスポート」には、ファイルに出力するテーブルを選択すれば、XML、CSV、TSVファイルでエクスポートもできるようです。

WP Statistics削除時の注意点

通常の「プラグイン停止」→「プラグイン削除」でWP Statistics を削除しても、データと設定は削除されません。
データと設定を削除したい場合は、プラグインを削除する前に【統計】>【設定】 の「削除」にて行ってください。

オプションの設定をデフォルトにリセットし、データについては保持するか、設定とデータどちらも完全削除するかが選べます。
完全削除すると元に戻せないのでご注意ください。

以上、WordPress内で簡単にアクセス解析できるプラグイン「WP Statistics」のご紹介でした!

Follow me!

Author Profile

佐々木香
佐々木香
某レンサバ会社に時々勤務しつつ、株式会社ベクトルにてWordPressの修行中。今はチームで働くのが楽しいフリーのWEBデザイナー&フォトグラファー。Instagramは毎日postしていて600日以上継続中。

初心者でも簡単!無料WordPressテーマ

100%GPL / 商用利用可能

Lightning は WordPress公式ディレクトリに登録されているカスタマイズ性の高いテーマです。
デモデータも配布されているので、ビジネスサイトの雛形が数分でセットアップできます。

VWSオンラインコミュニティー

有料ユーザー限定のオンラインコミュニティでは、より良いテーマ・プラグイン開発のため、機能改善・追加要望などの書き込み大歓迎です!
ユーザー同士の交流や意見交換の場としてもお気軽にご参加ください。

Previous article
Gutenberg(ブロックエディタ)で不要なブロックを隠す方法3選

Next article
PHPのバージョンをブラウザで確認できる phpinfo関数