スライドがトップページ以外にもショートコードで設置できるようになりました(Pro版のみ)

【重要】Lightning Advanced Slideは廃止されておりますので、この記事のショートコードは利用できません。

トップページにスライドショーを配置する事はできますが、固定ページでランディングページテンプレートを作成した時に、トップページのスライドショーと同じものを配置したいというリクエストにお応えして、トップページのスライドショーと同一のものをショートコードで埋め込めるようにしました。

設定方法

Lightning Advanced Slider のインストール

Lightning Pro に実装予定のスライドの開発テスト版にあたる「Lightning Advanced Slider」で実装してあります。Advanced Slider をインストールしていない方は VWS のマイアカウント画面よりダウンロードできるようになっていますので、ダウンロードしてインストールしてください。
※Lightning Pro のライセンスが有効なユーザーにのみ表示されます。

ショートコードで貼りつけ

以下のショートコードを使います。

[ lightning_slide ]

ショートコードを貼りつける際は[]内の前後の半角スペースを削除してください。

テキストウィジェットにてショートコードを使うことで、ランディングページにトップページのスライドショーと同じものを配置することができます。

ただ、このままだと上部に余白ができてしまうため、上部の余白を0にしたい場合は 外観 > 追加CSS などに下記を追加してください。

.page-template-page-lp .siteContent {
    padding-top :0;
}

Lightningならビジネスサイトもブログも簡単に作れます

有効インストール数6万件以上!Lightning は WordPress公式ディレクトリに登録されているテーマです。いかに最短でサイト制作が出来るかという事に重点を置いて開発しています。デモデータも配布されているので、ビジネスサイトの雛形が数分でセットアップできます。