Lightning G3 Skin Sample の 仕様変更と扱いについて


  1. 製品更新情報
  2. Lightning
  3. Lightning G3 Skin Sample の 仕様変更と扱いについて

Lightningのご利用ありがとうございます。

Lightning G3 のスキン自作用のサンプルとして配布している Lightning G3 Skin Sample ですが、デザイナーが受託案件などで独自のデザインにしたり、デザインスキンを自作する人用のプラグインになります。

子テーマのようにとりあえず有効化して適用するという性質のものではありません。

一部だけ上書きカスタマイズしたいという方は標準の OriginIII か Plain を選択して、従来通り子テーマのstyle.cssやカスタマイズ > 追加CSSなどに記載してください。

デザインの表示保証についてはあくまでデフォルトで用意している純正スキンのみとなります。

独自のスキン(Skin Sampleから作成した自作スキンを含む)を適用している場合は、弊社が用意したものでないCSSを適用しているという事で独自スキンは表示保証外となりますのであらかじめご了承願います。

G3 Skin Sample 0.0.3での変更について

0.0.2 までは「カスタマイズの参考に」という意図で Origin III のCSSを入れていましたが、そこそこ表示されてしまうと 子テーマのような感覚で有効化されてしまうケースが増えてしまうので、誤解を回避するためにSASS、CSSの中身は空に変更しました。

フルサイト編集に対応したブロックテーマ X-T9

フルサイト編集対応ブロックテーマ

WordPress テーマ X-T9 は、WordPress 5.9 から実装されたフルサイト編集機能に対応した「ブロックテーマ」と呼ばれる新しい形式のテーマです。
ヘッダーやフッターなど、今までのテーマではカスタマイズが難しかったエリアもノーコードで簡単・柔軟にカスタマイズする事ができます。

PAGE TOP

このデモサイトは Vektor,Inc. のテーマとプラグインで構築されています。ご購入や詳細情報は下記のリンクもご参考ください。