【重要】Lightning Pro 3系 / Lightning 8系アップデートにおける注意点

アップデートは2020年1月7日に実施予定です。

ベースセクション設定機能の追加(Pro版のみ)

Charm / Variety / Pale などは背景に色や画像を配置してもメインセクションエリアとサイドセクションエリアにの可読性を損なわないようにセクションベース(白い背景)を指定していますが、このセクションベースの利用の有無をサイト全体と、ページ個別で指定出来るようになりました。

下記の動画にて解説していますので参照ください。

上記機能実装にあたりテンプレートファイルの改変やレイアウトサイズ及び余白の調整を実施しましたので、アップデート前にバックアップをとった上で表示確認及び必要に応じて調整を行ってください。

テーマテンプレートファイルを改変している方へ

子テーマで single.phpなどのテーマテンプレートファイルを改変している方は以下の点が改変されているので、下記の変更対象ファイルと同じファイルを子テーマに複製してカスタマイズしている方は、カスタマイズしたファイルにも同様の変更を適用してください。

適用しない場合に発生する不具合
  • Charm II / Pale II / Variety II を最新バージョンにアップしないとセクションベース(メインエリアやサイドバーエリアの白い背景)が正常に反映されません。
  • セクションベース利用・不使用の切り替え機能が動作しません。
index.phpやpage.phpなどのテンプレートファイル
// 従来の記述
<div class="section siteContent">
// Lightning Pro 3.0 / Lightning 8.0 以降の記述
<div class="<?php lightning_the_class_name( 'siteContent' ); ?>">

index.php

こちらは反映しなくても今すぐ問題になるわけではありませんが、反映した方がカスタマイズの幅が広がります。

// 従来の記述
<div class="postList">
// Lightning Pro 3.0 / Lightning 8.0 以降の記述
<div class="<?php lightning_the_class_name( 'postList' ); ?>">

余白の確認・必要に応じて調整をお願いします

今回の機能実装及び、各デザインスキンでのSCSSファイルの共通化などを行ったので、余白のサイズや扱いを所々変更しています。ご確認の上必要に応じてスペーサーブロックを追加するなど調整を行ってください。

「後から変更するな」というご意見もあるかと思います。可能な限り既存サイトに影響が出ないように処理は施しておりますが、ブロックエディタが主流になっている昨今の状況で、より快適にレイアウト出来るようにするために改変・再考はやむを得ない状況ですので、何卒ご理解いただけますと幸いです。

初心者でも簡単!無料WordPressテーマ

100%GPL / 商用利用可能

Lightning は WordPress公式ディレクトリに登録されているカスタマイズ性の高いテーマです。
デモデータも配布されているので、ビジネスサイトの雛形が数分でセットアップできます。

VWSオンラインコミュニティー

オンラインコミュニティでは、より良いテーマ・プラグイン開発のため、機能改善・追加要望などの書き込み大歓迎です!
ユーザー同士の交流や意見交換の場としてもお気軽にご参加ください。
※質問はフォーラムでのみ対応となります。