レスポンシブスペーサーブロックでmargin-topを指定することで余白を揃えやすくなりました

VK Blocks のレスポンシブスペーサーで、margin-topでも余白を指定できるようになりました。今までは、スペーサーがheight指定だとスペーサー上の要素のmargin-bottomが異なるため、同じ高さの余白を作りにくかったのですが、margin-topを選ぶことで余白の高さを揃えやすくなります。

「余白タイプ」で「height」か「margin-top」を選択できます。

例えば、画像ブロックで配置した画像には、オレンジの部分がmargin-bottomとして指定されていますが、「余白タイプ」で「margin-top」を選ぶとmarginの相殺になります。

余白タイプ:height
余白タイプ:margin-top

heightを選んだ場合

margin-topを選んだ場合

Lightningならビジネスサイトもブログも簡単に作れます

有効インストール数6万件以上!Lightning は WordPress公式ディレクトリに登録されているテーマです。いかに最短でサイト制作が出来るかという事に重点を置いて開発しています。デモデータも配布されているので、ビジネスサイトの雛形が数分でセットアップできます。