Lightning でフッターのカラム数を自由に変更して使ってみる!

この記事は「WordPress Theme Lightning & BizVektor 他 Advent Calendar 2017」の 12月18日の記事になります。

こんにちは~ かとりーぬです。

定期開催されている WordBench 名古屋 12月勉強会に参加してきました!

今回のテーマは「WordPress 初心者が Lightning のカスタマイザーでサイトを作ってみた」ということで弊社のテーマを使った内容だったので「初めての方はどんな使い方をしているのかなー?」とか「何か改善点はあるかなー」っていう視点で参加させていただきました(o’ω’o)

申込みさえすれば、誰でも自由に参加できるので WordPress チャレンジしてみたいけど、不安だわー|ω・`)って言う方はぜひ参加してみてくださいね!

今後も Lightning はますます進化させていきますのでよろしくお願いします。本日の記事では、コードを追記してフッターをカスタマイズする方法をお知らせします★

 フッターのカラム数を自由にカスタマイズ

現在の Lightning はフッターのカラム数は3カラムとなっています。

【カスタマイザー】>【ウィジェット】>【フッターウィジェットエリア 1〜3 】でそれぞれ設定できます。

カスタマイザーから設定できます。

カラム数を変更する方法

子テーマの functions.php に以下のコードを追記してください。

/*-------------------------------------------*/
/*  フッターのウィジェットエリアの数を増やす
/*-------------------------------------------*/
add_filter('lightning_footer_widget_area_count','lightning_footer_widget_area_count_custom');
function lightning_footer_widget_area_count_custom($footer_widget_area_count){
    $footer_widget_area_count = 4; // ← 1~4の半角数字で設定してください。
    return $footer_widget_area_count;
}

 

「$footer_widget_area_count = 4; // ← 1~4の半角数字で設定してください。」
→ 現在「4」と記述してある部分の数字がフッターのカラム数になります。任意の数字を設定して保存してください。

保存したらFTPソフトなどでアップロードして、ブラウザで更新します。先程入力した数字と同じ数だけ【フッターウィジェットエリア】ができているのが確認できるかと思います!

カスタマイズは必ず子テーマで行ってください!!
(Lightningのテーマファイル自体を編集するとアップデートで変更箇所が消えてしまいます。)

子テーマのサンプルデータのダウンロードはこちら

子テーマでのカスタマイズ

今後もこのようなカスタマイズレシピなどを紹介していきますので、新着情報をお見逃しなく!

Author Profile

かとりーぬ
かとりーぬフロントエンドエンジニア(勉強中)
⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆ フロントエンドエンジニア一年生! 初心者の目線で誰でも簡単に使える便利な機能を開発する ために毎日勉強中です(*´ε` *)★ ⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆⍣⋆

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※このエリアは多機能プラグイン「VK All in One Expansion Unit」で一括挿入しています。投稿タイプ毎または記事毎に表示内容を変更する事も可能です。

Lightningは twitter Bootstrap ベースのシンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマです。
プラグイン VK All in One Expansion Unit とセットで使う事でビジネスサイトにもブログにも活用できます。