1クリックで、投稿記事を簡単に複製できるプラグイン「Duplicate Post」

Webサイトを運用していると、記事などの内容をそのまま複製したいケースが多々、あります。例えば、決まったフォーマットでブログ記事を書いていく場合や商品紹介ページなどがそう。

この場合、いちいちゼロからタグを記述して同じようなコンテンツを書いていくのはとてもめんどくさいですよね。

そこで、こんな煩わしさをたったワンクリックで解決してくれるWordPressプラグイン「Duplicate Post」をご紹介します。弊社も日頃より、バンバン使っているオススメプラグインです! もちろん、この記事も袖の下はございません。

「Duplicate Post」プラグインの設定

公式ページ(https://ja.wordpress.org/plugins/duplicate-post/)からダウンロードしてインストールする、もしくは管理画面のプラグインページからインストールして有効化します。

以下、プラグインページからインストールして投稿記事を複製するまでの手順をご説明します。

1. インストールして有効化

管理画面のプラグインページ上部にある「新規追加」ボタンをクリック。

プラグインを追加ページの右側にある「プラグインの検索…」と書かれた箇所に「Duplicate Post」と入力。

赤枠のプラグインが表示されたら「今すぐインストール」ボタンをクリック。

インストールが完了すると「有効化」ボタンが表示されるので、それをクリック。

2. 各種設定など

プラグインの設定は、管理画面の「設定」内、「Duplicate Post」メニューから行います。

複製する項目を細かく設定できたり、複製を許す権限および導線を表示する箇所の設定ができたりします。

デフォルトの設定のままだと、追加したカスタム投稿タイプの並べ替えには対応していないため、「権限」タブ内の該当する投稿タイプにチェックを付けて適用させてください。

「Duplicate Post」を有効化すると、投稿一覧ページのタイトル下のメニューの中に「複製」が追加されていることが分かるかと思いますので、これをクリックすると…

たったのワンクリックで、同じ記事が簡単に複製されました!

まとめ

一度、このプラグインを使ってしまうと、無意識レベルで他のサイトにもインストールするほど便利なプラグインです。運用するサイトによって利用頻度に違いはあるとは思いますが、まだ「Duplicate Post」を触ったことがない、という方にはぜひ、使用感を確かめていただきたいです。

Follow me!

Author Profile

伊藤 晋之ディレクター
シルクスクリーン業界で 10年近く、製版・フィルム出力・印刷などほぼ全ての工程に携わってきましたが、30代半ばでウェブ業界に転身して 6年余り。ディレクター 1本できました。

BizVektor及び Lightningのカスタマイズ案件については概ね何かしらの形で関わっております。

時々走ったり、ダイエットしたりと健康面に気をつける反面、リミットが外れると破滅的な生活をします。

2015年の「WordFes Nagoya」では、実行委員長を務めさせていただきました。

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※このエリアは多機能プラグイン「VK All in One Expansion Unit」で一括挿入しています。投稿タイプ毎または記事毎に表示内容を変更する事も可能です。

Lightningは twitter Bootstrap ベースのシンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマです。
プラグイン VK All in One Expansion Unit とセットで使う事でビジネスサイトにもブログにも活用できます。