かっこいいギャラリーを簡単に作成出来るWordPressプラグイン「Foo Gallery」


  1. Staff Blog
  2. WordPress
  3. かっこいいギャラリーを簡単に作成出来るWordPressプラグイン「Foo Gallery」

ちょっと素敵なギャラリープラグインを見つけたのでご紹介。

Foo Gallery
画像をタイル状にきれいに表示してくれます

こんな感じでタイル状のレイアウトのギャラリーを作れますし、他のレイアウトも選択出来るし余白も調節可能です。

Foo Gallery の使い方

このプラグイン「Foo Gallery」というプラグインなのですが、先日いくつか調べたギャラリープラグインの中ではこれが一番わかりやすくてよかったです。

Foo Galleryを使うには、画像をポップアップさせるために別途「FooBox Image Lightbox」が必要だと他のブログなどで紹介されていますが、とりあえず何かLightbox系のプラグインが入っていれば FooBox Image Lightbox はなくても普通に動きます。

Foo Gallery

使い方ですが、まずはインストールすると下記のように管理画面左側のメニューに FooGallery という項目が追加されます。

Foo Gallery 使い方

  1. Add Gallery をクリックして新規ギャラリーを作成します。
  2. Add Media をクリックするとアップロード済みの画像が追加出来るようになります。
  3. ギャラリーを追加して保存したらギャラリーを表示するショートコードを記事に貼ればOKです。
  4. 画像の順番は日付順などに変更できます。画像をドラッグ&ドロップで入れ替えもできます。

レイアウトもいろいろ選べます。最初に紹介したGoogle画像検索結果みたいなタイル状のレイアウトは justified Gallery でできます。

ギャラリーレイアウトの設定

他にもいろいろ設定出来る項目がたくさん用意されているので、使いやすいと思います。

 

 

この記事を書いた人

石川栄和代表取締役
名古屋のウェブ制作会社数社に10年程度務めた後、株式会社ベクトル設立。
企画・運営・コンサルティング〜WordPressを中心としたシステム開発まで幅広く携わる。
[ 著書 ]
・いちばんやさしいWordPressの教本(共著)
・現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド(共著)
[ 最近のWordPressコミュニティでの活動 ]
WordCamp Tokoy 2023 セッションスピーカー
WordCamp Asia 2023 セッションスピーカー(LT)
WordCamp Niigata 2019 セッションスピーカー
WordCamp Haneda 2019 セッションスピーカー
WordCamp Osaka 2018 セッションスピーカー
WordCamp Kyoto 2017 セッションスピーカー

ご好評につきキャンペーン期間延長!
Vektor Passport


を買って

Evergreen
無料でダウンロードしよう

Lightningで使えるおしゃれなデザインスキン / コンテンツデータを試せるチャンス!


PAGE TOP

このデモサイトは Vektor,Inc. のテーマとプラグインで構築されています。ご購入や詳細情報は下記のリンクもご参考ください。