Lightningでスライドショーの表示時間を変更する

12月になりまして、この記事は「WordPress Theme Lightning & BizVektor 他 Advent Calendar 2017」の最初の投稿となります。

Advent Calendarとは

本題に入る前にこの記事を読んでいる方で「アドベントカレンダーって何?」って思う方も多いかと思います。

Adventarの記載を引用すると

Advent Calendarは本来、12月1日から24日までクリスマスを待つまでに1日に1つ、穴が空けられるようになっているカレンダーです。WebでのAdvent Calendarは、その風習に習い、12月1日から25日まで1日に1つ、みんなで記事を投稿していくというイベントです。

AdventarではAdvent Calendarの作成や登録などを行うことができます。

と、記載されています。

もう少し具体的に説明すると、まず最初にカレンダーに自分が『この日に書くよ』って事を登録して、自分のブログに記事を書いて自分が登録した日付で記事を公開。します。

記事の最初にはこの記事がアドベントカレンダーの記事である旨書きます。

この記事は「WordPress Theme Lightning & BizVektor 他 Advent Calendar 2017」の12月1日の記事になります。
前回の◯◯さんの「◯◯さんすてき」の記事に引き続き、◯◯について書きたいと思います。

みたいな感じではじまり、本文を書いて、最後は

次は◯◯さんが◯◯について書いてくれるそうです。

というように書いて読者がアドベントカレンダーの記事を見てくれるように紹介すると良いです。

公開したら、「WordPress Theme Lightning & BizVektor 他 Advent Calendar 2017」にどんなタイトルで書いて、どこで公開してあるかURLを記載します。

まだまだ登録枠が沢山ありますので、LightningやBizVektorの気に入っている所、ここを改善してほしいという所、こんな使い方出来るなど、どんどん書いて貰えるとウレシイです。

ちなみに昨年のアドベントカレンダーはこちらになります。

WordPress Theme Lightning & BizVektor 他 Advent Calendar 2016

それでは本題いってみましょう!

スライドショーの時間を変更する

トップページのスライドショーの切り替え時間を変更したいという要望が多かったので実装しました。

まずは Lightning 4.1.0 にアップデートしてください。

次に管理画面の「外観 > カスタマイズ」画面から「Lightning トップページスライドショー」のパネルの最上部にスライドの切り替え間隔を入力する欄がありますので、間隔を1/1000秒単位(1秒で切り替えたい場合は1000)で入力してください。

次回は別途新機能について紹介します。
25日までカレンダー空きまくりですので、Lightningユーザーの方は是非参加いただけると嬉しいです。

Author Profile

石川栄和代表取締役
名古屋のウェブ制作会社数社に10年程度務めた後、株式会社ベクトル設立。
企画・運営・コンサルティング〜WordPressを中心としたシステム開発まで幅広く携わる。
[ 著書 ]
・いちばんやさいいWordPressの教本(共著)
・現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド(共著)
[ 最近のWordPressコミュニティでの活動 ]
2017 WordCampKyoto セッションスピーカー
2016 WordCampTokyo LT
2016 WordCampKansai ハンズオン世話役
2015 WordCampTokyo セッションスピーカー
2015 WordCampKansai セッションスピーカー
2014 WordFesNagoya 実行委員 & セッションスピーカー
2013 WordCampTokyo セッションスピーカー(パネラー)
2013 WordFesNagoya 実行委員 & セッションスピーカー
2013 WordCrabFukui セッションスピーカー

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※このエリアは多機能プラグイン「VK All in One Expansion Unit」で一括挿入しています。投稿タイプ毎または記事毎に表示内容を変更する事も可能です。

Lightningは twitter Bootstrap ベースのシンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマです。
プラグイン VK All in One Expansion Unit とセットで使う事でビジネスサイトにもブログにも活用できます。