この記事は、今までBASIC認証を設定したことがない方向けに書いています。この記事を読むことで、テキストエディタやFTPソフトを使わずに、ユーザー専用ページとロリポップ!FTPを使ってBASIC認証を設定する方法が分かります。

BASIC認証について基本的なことは以下の記事にまとめています。以下の記事を先に読んでから、この記事の手順を試すことをオススメします。

試した環境は以下の通りです。

  • ロリポップ!レンタルサーバー スタンダードプラン
  • 「WordPress簡単インストール」を使ってドメイン直下にWordPressをインストールした環境

wp-admin にBASIC認証を設定

ロリポップ!レンタルサーバーの公式マニュアルも参考にしてください。

ユーザー専用ページ「アクセス制限」で wp-admin に対して設定を行います。

.htaccess設置ディレクトリを設定
アクセス制限の設定例
  • .htaccess設置ディレクトリ:ドメイン名を選択することで「公開フォルダ名」が自動入力されるので「/wp-admin」を追記する。
  • 認証フォームタイトル:日本語で設定すると正しく表示されないことがあるので、半角英数字で設定する。

.htpasswd の内容を確認してみよう

アクセス制限の設定を行うことで.htpasswd が生成されます。ロリポップ!FTPで確認してみましょう。「wp-admin」配下に生成されています。

.htpasswd をクリックして開いてみると、記述内容を確認できます。パスワードは暗号化されています。

ユーザーID:暗号化したパスワード
STEP
1

ロリポップ!FTPで「wp-admin」配下の .htaccess の内容を確認

ロリポップ!FTPにて「wp-admin」配下の .htaccess をクリックしてください。

以下のような記述が入っています。

AuthUserFile /home/users/0/FTP・WebDAVアカウント/web/公開フォルダ/wp-admin/.htpasswd
AuthGroupFile /dev/null
AuthName "Please enter your ID and password"
AuthType Basic
require valid-user
wp-admin 配下の .htaccess

「AuthUserFile」は、パスワードファイルのフルパスです。

AuthUserFile /home/users/0/FTP・WebDAVアカウント/web/公開フォルダ/wp-admin/.htpasswd
STEP
2

admin-ajax.php は認証なしでアクセスできるよう設定する

以下を選択してコピーし .htaccess の内容に追記してください。

<FilesMatch "(admin-ajax.php)$">
    Satisfy Any
    Order allow,deny
    Allow from all
    Deny from none
</FilesMatch>
追記した状態
STEP
3

BASIC認証の記述部分をコピーしてから「保存」

BASIC認証の記述部分は別の .htaccess にも使用しますので、該当記述をコピーしておきます。その後「保存する」をクリックしてください。

AuthUserFile /home/アカウント名/www/.htpasswd
AuthType Basic
AuthName "Web access"
Require valid-user
Satisfy all
Order deny,allow
BASIC認証の記述部分をコピー
STEP
4

公開フォルダ」配下の .htaccess をバックアップ

「公開フォルダ」 配下の .htaccess にはいろいろ記述が入っています。追記する内容に誤りがあるとエラーでサイトが表示できなくなることもあります。そのため、内容を編集する前に必ず .htaccessファイルをダウンロードしてバックアップを取ってください。

ロリポップ!FTPにて「公開フォルダ」配下の .htaccess をダウンロードしておいてください。

STEP
5

wp-login.php にBASIC認証を設定

続いて編集します。

コピーしておいた内容を貼り付けて追記します。また、BASIC認証の設定を wp-login.php にのみ適用させる記述を追記してください( <Files wp-login.php></Files>で囲みます)。追記した部分が以下のようになっていることを確認し「保存する」をクリックしてください。

<Files wp-login.php>
AuthUserFile /home/users/0/FTP・WebDAVアカウント/web/公開フォルダ/wp-admin/.htpasswd
AuthGroupFile /dev/null
AuthName "Please enter your ID and password"
AuthType Basic
require valid-user
</Files>
STEP
6

管理画面のログインURLにアクセスして動作確認

WordPressの管理画面へのログインURLにアクセスすると、このような画面が表示されます。「アクセス設定」で指定したユーザー名とパスワードを入力して「ログイン」をクリックすると、WordPressのログイン画面が表示すればOKです。

.htaccessを編集後、エラーでサイトにアクセスできない場合

バックアップを取っておいた .htaccess をロリポップ!FTPで元の場所へアップロードし、編集前の状態に戻してください。再び編集する際には、コピーミスのないように追記してください。

STEP
7

以上、ロリポップ!レンタルサーバーでWordPressの管理画面にBASIC認証を設定する方法をご紹介しました!エックスサーバーとさくらのレンタルサーバの設定方法については、以下それぞれの記事でご紹介しています。

Follow me!

リリース記念キャンペーン!
G3 Pro Unit を買って


Evergreen


無料でダウンロードしよう

Lightningで使えるおしゃれなデザインスキン / コンテンツデータを試せるチャンス!

2021年9月29日(水) ~ 10月31日(日)23:59 まで