手動だと地味にハマるSSL化を、ワンクリックで簡単に設定してしまう「Really Simple SSL」プラグイン

2018年7月にリリースされた「Google Chrome 68」から、SSL化(Secure Sockets Layer = 暗号化)されていないWebサイトは、アドレスバーに「保護されていません」と警告が表示されるようになりました。

Googleがここにたどり着くまで、2010年5月に施行された検索エンジン(β版)のSSL化から段階的にセキュリティ向上に取り組んできた歴史があり、それを重要視していると言えます。
(出典:Official Google Blog

そして、SSL化がされているかどうかはSEOの評価基準にもなっており、サイト運営者にとって見過ごすことは出来ません。

しかし、SSL化の設定には専門的な知識も必要とし、不慣れな方にはちょっとハードルの高い作業となっておりましたが、「Really Simple SSL」プラグインを使うことで、ワンクリックで簡単に設定することが可能となります。

SSL化(HTTPS化)とは?

SSL化とは、先にも申し上げた通り暗号化することを指します。Webサイトと訪問者との間で行われるやり取り(通信)を暗号化することで、悪意ある第三者が仮に通信の中身を盗み見したとしても、解読しにくくするための施策になります。

それを確認するには、アドレスバーに鍵マークが表示されていてURLの頭が「http://」ではなく「https://(HTTP通信 + SSL化)」になっているかで判断が出来ます。

SSL化する前にやっておくべきこと

WebサイトをSSL化するには、

  • SSL証明書を購入
  • SSL証明書をサーバーにインストール
  • 各種、設定

など、しておく必要があります。

証明書の費用は、数千円〜数十万円と幅がありますが、最近ではサーバー会社によっては無料で使えたり格安の物もあるので、Webサイトを運用するサーバー会社のサービス内容やオプションを確認いただくと良いかと思います。

手動でSSL化する時のハマりどころ

サーバー側の設定をした後、しばらく時間を置いてからWebサイトを確認すると、「https://」での表示を確認いただけます。ただ、ページによっては鍵マークが表示されなかったりと、SSLの設定が不充分な状態になっているのでこれを調整します。

WordPressだと、管理画面の一般設定から「WordPressアドレス(URL)」「サイトアドレス(URL)」を「https://」に変更します。

そして、各ページ内のリンクURLや画像パス、外部ファイルのパスに記述されている「http://」箇所を「//(httpプロトコルの記述を無くす)」に変更する必要がありますが、これがハマりどころ。

管理画面から調整できる箇所をいちいち書き換えたり、サーバーにあるファイルに追記したりとWebサイトの規模によっては作業量も膨大になります。他にも、どこを触れば調整できるのかを知っていないと出来ないので、専門的な知識も問われます。困った。

そこで「Really Simple SSL」プラグインの出番になります。

「Really Simple SSL」の使い方

地味にハマるSSLのURL調整などを、たったワンクリックで解決してくれる「Really Simple SSL」。その仕組みは、一般設定にあるURLを書き換えし、.htaccessファイルにリダイレクト処理を追記、javascriptでURLの書き換えを行うものになりますが、難しいことは抜きにして以下、設定までの手順をご説明いたします。

1. プラグインのインストール及び有効化

管理画面のプラグインページ上部にある「新規追加」ボタンをクリック。

プラグインを追加ページの右側にある「プラグインの検索…」と書かれた箇所に「Really Simple SSL」と入力。

赤枠のプラグインが表示されたら「今すぐインストール」ボタンをクリック。

インストールが完了すると「有効化」ボタンが表示されるので、それをクリック。

プラグインを有効化すると管理画面上部にSSLの設定を促す表示がされます。「はい、SSLを有効化します。」ボタンがあるので、問題なければ迷わずボタンをクリックして適用します。

2. サイト全体を確認し、反映されていないページがあれば手動で調整

鍵マークが正しく表示されているかを、確認します。もし、鍵マークが表示されていないのであればソースコードを確認したりコンソール(Chromeの開発者ツール)で警告表示されている箇所を特定して調整します。

まとめ

このように、「Really Simple SSL」プラグインを使うことで簡単にWebサイトのSSL化をすることが出来ます。SSL証明書も以前に比べて入手しやすくなっていますので、SSL化がまだの方はこの機会にご検討いただいてはいかがでしょうか。

ただし、万が一に備えてバックアップを取った上で行ってください。

Follow me!

Author Profile

伊藤 晋之ディレクター
シルクスクリーン業界で 10年近く、製版・フィルム出力・印刷などほぼ全ての工程に携わってきましたが、30代半ばでウェブ業界に転身して 6年余り。ディレクター 1本できました。

BizVektor及び Lightningのカスタマイズ案件については概ね何かしらの形で関わっております。

時々走ったり、ダイエットしたりと健康面に気をつける反面、リミットが外れると破滅的な生活をします。

2015年の「WordFes Nagoya」では、実行委員長を務めさせていただきました。

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※このエリアは多機能プラグイン「VK All in One Expansion Unit」で一括挿入しています。投稿タイプ毎または記事毎に表示内容を変更する事も可能です。

Lightningは twitter Bootstrap ベースのシンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマです。
プラグイン VK All in One Expansion Unit とセットで使う事でビジネスサイトにもブログにも活用できます。