前回は、エックスサーバーでアップロードサイズの上限値を変更する方法をご紹介しました。

さくらのレンタルサーバでもphp.iniを使って設定変更ができます。

php.iniでファイルアップロード上限値を変更する

新コントロールパネルでの操作

新コントロールパネルにログインしスクリプト設定 】>【 PHP.ini設定 をクリックしてください。

memory_limit = 128M
post_max_size = 120M
upload_max_filesize = 100M

例えば上記のように入力します。上限値はアップロードされるファイルサイズにより適宜変更しますが、ポイントは、「memory_limit」の数値が一番大きく「upload_max_filesize」が一番小さい数値になるよう調整して保存してください。ただ、あまり数値を上げすぎると500エラーになることもありますので、ほどほどがよいと思います。

旧コントロールパネルでの操作

旧デザインのコントロールパネルは2021年2月に提供を終了する予定のようです。

サーバーコントロールパネル 】>【 PHP設定の編集 をクリックしてください。

memory_limit = 128M
post_max_size = 120M
upload_max_filesize = 100M

「php iniファイルパス」に例えば上記のように入力します。注意点は新コントロールパネルでの操作時と同様です。

入力後「保存する」ボタンをクリックしてください。

最大アップロードサイズを確認する

管理画面の【All-in-One WP Migration】>【インポート】や【メディア】で 最大アップロードサイズが変更されていることを確認してください。

All-in-One WP Migration だけ最大アップロードファイルを512MBまで上げる方法

なお、無料版の All-in-One WP Migration では、インポート時の最大アップロードファイルサイズが 512MB 未満と制限がありますが、専用プラグイン「All-in-One WP Migration File Extension」を使えば、All-in-One WP-Migration に限ってサイズを512MBまで引き上げることができます。詳しくは以下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

ロリポップサーバーでの変更方法についてはこちらからどうぞ!

Follow me!

Author Profile

ササキ カオリ
ササキ カオリ
某レンサバ会社に時々勤務しつつ、株式会社ベクトルにてWordPressの修行中。今はチームで働くのが楽しいフリーのWEBデザイナー&フォトグラファー。Instagramは毎日postしていて800日以上継続中。

初心者でも簡単!無料WordPressテーマ

100%GPL / 商用利用可能

Lightning は WordPress公式ディレクトリに登録されているカスタマイズ性の高いテーマです。
デモデータも配布されているので、ビジネスサイトの雛形が数分でセットアップできます。

VWSオンラインコミュニティー

オンラインコミュニティでは、より良いテーマ・プラグイン開発のため、機能改善・追加要望などの書き込み大歓迎です!
ユーザー同士の交流や意見交換の場としてもお気軽にご参加ください。
※質問はフォーラムでのみ対応となります。