カスタマイズ中に「何かうまくいかなかったようです。時間を置いてもう一度お試しください。」のエラーが発生したときの対応


  1. Staff Blog
  2. WordPress
  3. カスタマイズ中に「何かうまくいかなかったようです。時間を置いてもう一度お試しください。」のエラーが発生したときの対応

カスタマイザーを起動して、編集しているときに
「何かうまくいかなかったようです。時間を置いてもう一度お試しください。」
とエラーメッセージが表示されることがあります。

何度か弊社にもお問合せいただいているのですが、テーマやデザインスキンの問題ではなくサーバーのセキュリティ設定が原因のようです。

セキュリティ設定の WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)がうまく機能しない場合にエラーになるとのことなので、一度 WAF を停止します。

WAFとは?

WAF(ワフ)はWeb Application Firewallの略で、Webアプリケーションのぜい弱性を悪用した攻撃からWebサイトを保護するセキュリティ対策です。Webサーバーの前段に設置して通信を解析・検査し、こうした攻撃からWebサイトを保護し、不正ログインを防ぐ役割で用いられます。

オンライン・バンキングやショッピングサイトのように、ユーザーからの入力を受け付けたり、リクエストに応じて動的にページを生成したりするなど、アプリケーションを作りこんだWebサイトの保護に適しています。

参考:https://www.canon-its.co.jp/products/siteguard/waf/

WAF を停止した状態でもう一度カスタマイズ画面で更新を実行します。

更新が完了したら、必ず WAF の設定を戻してください。

 

 

 

この記事を書いた人

かとりーぬ
かとりーぬフロントエンドエンジニア(勉強中)
*.○。・.: * .。○・。.。:*。○。:.・。*.○。・.: * .。○・*.

フロントエンドエンジニア一年生!
初心者の目線で誰でも簡単に使える便利な機能を開発する
ために毎日勉強中です(*´ε` *)★

*.○。・.: * .。○・。.。:*。○。:.・。*.○。・.: * .。○・*.
フルサイト編集に対応したブロックテーマ X-T9

フルサイト編集対応ブロックテーマ

WordPress テーマ X-T9 は、WordPress 5.9 から実装されたフルサイト編集機能に対応した「ブロックテーマ」と呼ばれる新しい形式のテーマです。
ヘッダーやフッターなど、今までのテーマではカスタマイズが難しかったエリアもノーコードで簡単・柔軟にカスタマイズする事ができます。


PAGE TOP

このデモサイトは Vektor,Inc. のテーマとプラグインで構築されています。ご購入や詳細情報は下記のリンクもご参考ください。