プラグインAll-in-One WP Migrationを使って、Lightningのデモサイトデータなどをインポートする際、最大アップロードファイルサイズを超過していると以下のようなメッセージが表示し、インポートができません。

この最大アップロードサイズは、【メディア】にアップロードする際の上限値と同じです。

アップロードサイズの上限は、ご利用のサーバーによって初期値が異なりますが、これを変更することができます。 ファイルサイズの大きい動画ファイルをアップロードしたい時にも有効な方法です。

ファイルアップロードの上限値を変更する3つの方法

ファイルアップロードの上限値を変更するには、以下3つの方法があります。

  • php.iniで設定する方法
  • .htaccessで設定する方法
  • functions.phpで設定する方法

エックスサーバーは、サーバーパネルからphp.iniの編集が簡単にできるので、ここではphp.iniで設定する方法をご紹介します。

ちなみにphp.ini は、WordPressを構成するPHPの実行時設定を制御するファイルです。

2021年10月18日追記

現在のエックスサーバーでは、php.ini設定において、初期設定でupload_max_filesizeが1Gまで引き上げられていることが多いです。それ以上に上げる必要がなければ、以下の作業は不要です。

php.iniでファイルアップロード上限値を変更する

サーバーパネル】>【php.ini設定 をクリックしてください。

対象ドメインを選択してください。

上限値はアップロードされるファイルサイズにより適宜変更しますが、ポイントは、「memory_limit」の数値が一番大きく「upload_max_filesize」が一番小さい数値になるよう調整してみてください。ただ、あまり数値を上げすぎると500エラーになることもありますので、ほどほどがよいと思います。

  • memory_limit
    PHPのスクリプトが利用できるメモリ容量の最大値
  • post_max_size
    POSTデータの最大サイズ
  • upload_max_filesize
    アップロードされるファイルの最大サイズ

設定後「確認画面へ進む」ボタンをクリックします。

確認画面が表示されます。「変更する」ボタンをクリックしてください。

以上で設定は完了です。

最大アップロードサイズを確認する

管理画面の【All-in-One WP Migration】>【インポート】や【メディア】で、最大アップロードサイズが変更されていることを確認してください。

All-in-One WP Migration だけ最大アップロードファイルを512MBまで上げる方法

なお、無料版の All-in-One WP Migration では、インポート時の最大アップロードファイルサイズが 512MB 未満と制限がありますが、専用プラグイン「All-in-One WP Migration File Extension」を使えば、All-in-One WP-Migration に限ってサイズを512MBまで引き上げることができます。詳しくは以下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

2021年10月18日追記

無料で入手できていたプラグイン「All-in-One WP Migration File Extension」のダウンロードはできなくなりましたので、ご注意ください。

さくらサーバーとロリポップサーバーでの変更方法もご紹介していますので、よかったらどうぞ!

Follow me!

この記事を書いた人

ササキ カオリ
ササキ カオリ
株式会社ベクトルでリモートワークしながら某レンタルサーバー会社にも時々勤務しているパラレルワーカーです。WordCamp Osaka 2019登壇しました。フジロックが好き。

リリース記念キャンペーン!
G3 Pro Unit を買って


Evergreen


無料でダウンロードしよう

Lightningで使えるおしゃれなデザインスキン / コンテンツデータを試せるチャンス!