Lightning 14.13.0 で 404ページの内容を簡単に書き換えられるようになりました。

404ページについて、無料版でもプロ版でもカスタマイズしやすいように以下の変更・機能追加を行いました。

404ページ用テンプレートファイルの追加

Lightning 14.13.0 では 404ページ用に _g3/template-parts/main-404.php を新たに追加しました。

改変したい場合は子テーマの同じ階層に複製してカスタマイズしてください。

フックで改変する場合

子テーマにファイルを複製しなくても子テーマのfunctions.phpなどに以下のようなコードで改変可能です。

add_filter(
	'lightning_is_main_section_template',
	function( $return ) {
		if ( is_404() ) {
			$return = false;
		}
		return $return;
	}
);
add_action(
	'lightning_main_section_append',
	function () {
		if ( is_404() ) :
			echo '<p>独自にカスタマイズした404ページの内容</p>';
		endif;
	}
);

G3 Pro Unit ならノーコードで改変可能

G3 Pro Unit 0.14.0 から「404 Page」という投稿タイプが追加してあります(この機能を使いたくない人は 設定 > Lightning G3 Pro Unit 設定 から無効化してください)。

ここに新規投稿で404ページの内容を入力してください。

レイアウトの指定

404ページのレイアウトのカラムは 外観 > カスタマイズ > Lightning レイアウト設定 > カラム設定 から指定できます。

Lightningならビジネスサイトもブログも簡単に作れます

有効インストール数6万件以上!Lightning は WordPress公式ディレクトリに登録されているテーマです。いかに最短でサイト制作が出来るかという事に重点を置いて開発しています。デモデータも配布されているので、ビジネスサイトの雛形が数分でセットアップできます。