Lightning Video Unit 1.0.0.0で Video Unit ブロックが使えるようになりました


  1. 製品更新情報
  2. Lightning Video Unit
  3. Lightning Video Unit 1.0.0.0で Video Unit ブロックが使えるようになりました

Lightning Video Unit の機能をブロックとして利用できるようになりました。ブロックなので、より柔軟に動画を配置できるなど、さらに便利にご利用いただけます。

  • Video Unit ブロックは、Lightning Video Unit を有効化した環境でご利用いただけます。
  • Lightning Video Unit 1.0.0.0 以降へアップデートが必要です。 
  • Lightning Video Unit は Lightning 用のプラグインですが、Video Unit ブロックはテーマ Katawara でもご利用いただけます。

Video Unit ブロック設定画面

ビデオファイルの設定
代替え画像設定
ビデオコントロール設定
レイヤー設定

ブロックなのでどこでも配置

今までトップページのヘッダー直下にしか表示できませんでしたが、ブロックなので固定ページや投稿ページなどの好きな場所に配置が可能です。ランディングページやキャンペーンページなどのファーストビューに使えます。

動画の上には任意のブロックが配置可能


従来の Video Unit では「見出し/テキスト/ボタン」しか配置できませんでしたが、Video Block はカバーブロックのように内部に任意のブロックを配置する事ができます。

複数配置可能

同一ページ内に複数配置する事も可能です。

YouTubeの動画を背景に

WordPress標準のカバーブロックと違い、アップロード動画だけでなく YouTubeの動画を指定できますので、容量の大きい動画ファイルを自前のウェブサーバーにアップする事なく、アップロード動画よりもスムーズに表示する事が可能です。

フルサイト編集に対応したブロックテーマ X-T9

フルサイト編集対応ブロックテーマ

WordPress テーマ X-T9 は、WordPress 5.9 から実装されたフルサイト編集機能に対応した「ブロックテーマ」と呼ばれる新しい形式のテーマです。
ヘッダーやフッターなど、今までのテーマではカスタマイズが難しかったエリアもノーコードで簡単・柔軟にカスタマイズする事ができます。

PAGE TOP

このデモサイトは Vektor,Inc. のテーマとプラグインで構築されています。ご購入や詳細情報は下記のリンクもご参考ください。