VK Block Patterns 1.26.0 で 作成したパターンを任意の投稿タイプのデフォルトパターンに指定する機能を追加しました。


  1. 製品更新情報
  2. VK Block Patterns
  3. VK Block Patterns 1.26.0 で 作成したパターンを任意の投稿タイプのデフォルトパターンに指定する機能を追加しました。

受託制作などでは特定の投稿タイプでは投稿する時に特定のパターンを最初から挿入したいケースが多々あると思います。

VK Block Patterns は自分でブロックパターンを登録できるプラグインですが、登録したパターンを特定の投稿タイプの新規投稿時に自動的に選択できる機能を追加しました。

VK ブロックパターン からパターンを登録

とりあえずパターンを登録

登録したら右側の設定パネルから、初期状態で表示したい投稿タイプを選択して公開します。

STEP
1

新規投稿時に登録したパターンが表示される

先程登録したパターンが表示されるのでクリックすれば配置されます。

STEP
2
フルサイト編集に対応したブロックテーマ X-T9

フルサイト編集対応ブロックテーマ

WordPress テーマ X-T9 は、WordPress 5.9 から実装されたフルサイト編集機能に対応した「ブロックテーマ」と呼ばれる新しい形式のテーマです。
ヘッダーやフッターなど、今までのテーマではカスタマイズが難しかったエリアもノーコードで簡単・柔軟にカスタマイズする事ができます。

PAGE TOP

このデモサイトは Vektor,Inc. のテーマとプラグインで構築されています。ご購入や詳細情報は下記のリンクもご参考ください。