スライダーブロックは、トップページだけではなく複数のページ、ページ内任意の複数の箇所にスライダーを設置できます。スライダーアイテム内には様々なブロックを配置できるため、レイアウトは自由自在です。また、画面サイズに応じて背景画像と高さをそれぞれ指定することも可能です。使い方や機能の紹介については動画でご覧ください。

待望のスライダーブロック追加

スライダーブロックはインナーブロックになっているのでスライド内の要素は自由に配置可能です。

高さ

画面サイズに応じてスライドの高さを指定できます

速さ

スライドの切り替え速さを変更できます

表示枚数

スライドの表示枚数は多くても指定可能です

表示位置

スライド内のコンテンツが少ない場合も上下中央指定可能です

画像などをカルーセルで複数枚表示させることもできます

複数のビジュアルを縦方向ではなく並列にすることで、限られたスペースにより多くの情報をカルーセルで表示することもできます。

スライド設定のエフェクト「スライド」を選択してください。

「1度に表示する画像の枚数」と「1度の動作で動かす枚数」をそれぞれ設定してご利用ください。

ページネーションの種類

ページネーションの種類は、非表示 / 標準 / スライドの枚数 から選択できます。

画像をアップロード

自社のコンセプトやキャッチコピーが入ります。

この部分には、自社について説明が入ります。
自社のコンセプトや理念など、大切にしていることについて説明しましょう。お客様に一番伝えたいことを書くことをおススメします。