WordPressは、親となる固定ページを作成し、その親に対する子ページを指定して階層化する機能がありますが、このブロックを使えば、固定ページに子ページの一覧を表示させることができます。

子ページリストブロック

子ページリストの特長

表示要素・レイアウトが指定できる

投稿リストブロックと同様に、表示レイアウトや抜粋やボタンの表示非表示などを任意に指定する事ができます。

Point
1

親となる固定ページを指定することでどのページでも配置できる

親となる固定ページを指定することで、どのページでも子ページリストを配置する事ができます。そのため、固定ページでトップページやランディングページが作りやすくなります。

Point
2

好きな場所に配置できる

ページの途中や末尾など、固定ページ内で表示させたい場所に自由に配置できます。

Point
3