Webページを作成するにあたって重要なことは、ユーザーが読みやすいページを意識して作成することです。見やすさを意識するのにもっとも欠かせないものが余白になります。
レスポンシブスペーサーはその余白を適切に取れるよう、様々な設定項目が用意されています。

設定項目

名前の通り、レスポンシブにも対応できPC / タブレット / モバイルの高さの設定ができます。単位はpx / em / rem / vwと変更可能です。

上の画像との間に適度な余白が空いています

この余白がレスポンシブスペーサーです。みなさんもぜひ適度に余白を入れて読みやすいページ作成をしてみてください。

margin-topで余白を指定することで余白の高さを揃えやすくなります

VK Blocks 0.49.0以降では、margin-topでも余白を指定できるようになりました。スペーサーがheight指定だとスペーサー上の要素のmargin-bottomが異なるため、同じ高さの余白を作りにくかったのですが、margin-topを選ぶことで余白の高さを揃えやすくなります。

「余白タイプ」で「height」か「margin-top」を選択できます。

例えば、画像ブロックで配置した画像には、オレンジの部分がmargin-bottomとして指定されていますが、「余白タイプ」で「margin-top」を選ぶとmarginの相殺になります。

余白タイプ:height
余白タイプ:margin-top

heightを選んだ場合

margin-topを選んだ場合