投稿リストを固定ページに表示することができます。好きな場所に投稿リストを呼び出せるのでトップページなどの作成に大変便利な機能です。

設定項目

表示条件

投稿タイプ(投稿、固定ページなど)や分類、表示件数を設定できます。

また、並び順の切り替えもできます。

  • 昇順(ASC) / 降順(DESC)
  • 公開日 / 更新日 / タイトル / ランダム

表示タイプとカラム

表示タイプをカード、カード(線なし)、カード(水平)、メディア、テキストリストと変更することができます。カラムは6まで指定でき、画面サイズに応じて表示レイアウトを変更可能です。

カード

イベントレポート
VWSオンライン勉強会 #020 「アクションフックを使った WordPressカスタマイズに挑戦!」レポート
WordPress
投稿タイプを後から変更できるプラグイン Post Type Switcher の使い方
WordPress
デザイナーに喜ばれるclass名の命名を考えよう
WordPress
Gutenberg ブロック開発の基本
イベントレポート
VWSオンライン勉強会 #019 「最低限知っておきたいPHP超入門」レポート
制作・運用ノウハウ
WordPressのテーマ・プラグインを安全に更新する方法

カード(線なし)

イベントレポート
VWSオンライン勉強会 #020 「アクションフックを使った WordPressカスタマイズに挑戦!」レポート
WordPress
投稿タイプを後から変更できるプラグイン Post Type Switcher の使い方
WordPress
デザイナーに喜ばれるclass名の命名を考えよう
WordPress
Gutenberg ブロック開発の基本
イベントレポート
VWSオンライン勉強会 #019 「最低限知っておきたいPHP超入門」レポート
制作・運用ノウハウ
WordPressのテーマ・プラグインを安全に更新する方法

カード(インテキスト)

イベントレポート
VWSオンライン勉強会 #020 「アクションフックを使った WordPressカスタマイズに挑戦!」レポート
WordPress
投稿タイプを後から変更できるプラグイン Post Type Switcher の使い方
WordPress
デザイナーに喜ばれるclass名の命名を考えよう
WordPress
Gutenberg ブロック開発の基本
イベントレポート
VWSオンライン勉強会 #019 「最低限知っておきたいPHP超入門」レポート
制作・運用ノウハウ
WordPressのテーマ・プラグインを安全に更新する方法

カード(水平)

メディア

イベントレポート
VWSオンライン勉強会 #020 「アクションフックを使った WordPressカスタマイズに挑戦!」レポート
WordPress
投稿タイプを後から変更できるプラグイン Post Type Switcher の使い方
WordPress
デザイナーに喜ばれるclass名の命名を考えよう
WordPress
Gutenberg ブロック開発の基本
イベントレポート
VWSオンライン勉強会 #019 「最低限知っておきたいPHP超入門」レポート
制作・運用ノウハウ
WordPressのテーマ・プラグインを安全に更新する方法

テキストリスト(1カラム)

表示する記事のオフセットで複数のレイアウトを組み合わせて表示可能

例えば、公開日順で新しい記事の4件目から表示するという事も可能です。

この機能によって、まず1件だけ 表示タイプ「カード」を選びカラム1で配置し、その下にまた投稿リストを設置し、今度は同様に「カード」を選んでカラム3にして表示記事のオフセットを 1 にすれば、ブロックとしては2つの投稿リストを使用していますが、見た目は一つのグループとしてまとまります。

投稿リストを複数組み合わせたレイアウト例

表示要素

  • 表示する要素(画像・分類名・抜粋・日付・新着表示・ボタン)の設定
  • 新着表示した場合はその日数設定と新着表示文字設定(New!!など)
  • ボタン表示した場合は、 ボタンの文字(Read moreなど) 、 ボタンの位置(左・中央・右)
イベントレポート
VWSオンライン勉強会 #020 「アクションフックを使った WordPressカスタマイズに挑戦!」レポート
WordPress
投稿タイプを後から変更できるプラグイン Post Type Switcher の使い方
WordPress
デザイナーに喜ばれるclass名の命名を考えよう

「投稿者」にチェックを入れるとこのように投稿者情報が表示されます。

分類名・分類について

表示要素の「分類名」にチェックを入れると、アイキャッチの右上に投稿のカテゴリーが自動で一つ表示されます。カテゴリーなどを全件表示したい場合は「分類」にチェックを入れることで抜粋文下にカテゴリーなどを全件表示できます。

表示要素:分類名にチェック

その他のお知らせ
【重要】Lightning Advanced Slider の廃止について

いつも弊社製品をご利用いただきまして真にありがとうございます。 この度、Lightning Advanced Slider を有効化している環境において VK Blocks Pro 1.1系にアップデートすると干渉してエ […]

表示要素:分類にチェック

【重要】Lightning Advanced Slider の廃止について

いつも弊社製品をご利用いただきまして真にありがとうございます。 この度、Lightning Advanced Slider を有効化している環境において VK Blocks Pro 1.1系にアップデートすると干渉してエ […]

カテゴリー
その他のお知らせ

表示される分類のカスタマイズ

『分類』にチェックを入れると、投稿に紐付いているカスタムタクソノミーも全て取得して表示されてしまいます。
しかしながら、特定のプラグインの制御用などで使われるタクソノミーで一般の記事には表示させたくないという場合は、そのタクソノミーを以下のように登録すれば場外する事ができます。

// 特定のタクソノミーを非表示にする
add_filter( 'vk_get_display_taxonomies_exclusion', function( $exclusion ){
    // 除外したいタクソノミーのスラッグ(複数ある場合は複数行書いてください)
    $exclusion[] = 'category';
   return $exclusion;
} );

Outerブロックと組み合わせた例

ピックアップやおすすめ記事など、特に読んでもらいたい記事をOuterブロックと投稿リストを組み合わせることで、以下のような表示も可能です。PC表示の時に記事が6カラムになるように設定しています。