以前、WordPressでECサイトを構築できるプラグイン WooCommerce についてご紹介しましたが、WooCommerce は海外で開発されているプラグインのため、残念ながら日本向けでない設定や仕様があります。そのため、今回は WooCommerce に銀行振込や郵便振替など日本の商取引に合う決済方法を追加したり、配送希望日時の設定機能を追加するなど、日本向けに使いやすくしてくれるとても便利なプラグイン Japanized For WooCommerce をご紹介します。

プラグイン Japanized For WooCommerce の使い方


このプラグインは、WooCommerce がすでに設定されている環境で使います。WooCommerce のインストールと基本設定については、以下の記事を参考にしてください。

Japanized For WooCommerce のインストール・有効化

【プラグイン】>【新規追加】でキーワードに【Japanized For WooCommerce】と入力しインストール後、有効化してください。

【WooCommerce】 >【日本対応】が追加されます。クリックしてください。

このような設定画面が表示されます。上のタブから各設定を確認してみましょう。(関連情報タブは特に設定項目がなかったため省略します)

一般設定

カートに追加後の請求先情報にて、名前(よみがな) や会社名の項目を追加するかどうか、郵便番号自動住所入力を利用するかどうかなどの設定がここで行えます。

なお、画面にも説明がありますが、お試しで郵便番号自動入力の動作確認を行う場合「Yahoo! APP ID」の入力は不要ですが、実際に利用する時はYahoo! アプリケーション IDを取得して入力する必要があるので、ご注意ください。

配送方法設定

配達日と配達時間指定の詳細な設定ができます。

支払いページに「配達希望日時」が追加されます。

支払い方法

日本向けの支払い方法をここから追加できます。

  • 銀行振込(日本向け)
  • 郵便振替
  • 店頭払い
  • 定期購入対応代金引換 ※別途有料のプラグイン WooCommerce Subscriptions が必須
  • PayPal Checkout

【WooCommerce】>【設定】の決済タブに追加した決済方法が表示されます。実際に利用するには、それぞれ「管理」や「セットアップ」からの設定が必要です。

ちなみに、Japanized For WooCommerce を有効化するだけで Paidy 翌月払い(コンビニ/銀行)と、今利用者数が増えている LINE Pay も追加されるので、それぞれ設定は必要ですが、決済方法の選択肢が増えてユーザーにとっては便利になりますよね。

特定商取引法

ここから情報を入力し保存後、発行されているショートコードを固定ページなどに配置することで、ページに表示されます。

Japanized For WooCommerce を上手に活用すれば、簡単に日本のECサイトらしくなりそうです!

なお、WordPressの公式ローカルサイト ja.wordpress.org の以下のページにて、このプラグインの詳しい使い方を解説した動画も公開されていますので、是非チェックしてみてください。

以上、日本向けの決済方法や配送希望日時の設定を追加できる Japanized For WooCommerce の使い方をご紹介しました!

Follow me!

初心者でも簡単!無料WordPressテーマ

100%GPL / 商用利用可能

Lightning は WordPress公式ディレクトリに登録されているカスタマイズ性の高いテーマです。
デモデータも配布されているので、ビジネスサイトの雛形が数分でセットアップできます。

VWSオンラインコミュニティー

オンラインコミュニティでは、より良いテーマ・プラグイン開発のため、機能改善・追加要望などの書き込み大歓迎です!
ユーザー同士の交流や意見交換の場としてもお気軽にご参加ください。
※質問はフォーラムでのみ対応となります。