ベクトル 2023 イチオシのアップデートまとめ!


  1. Staff Blog
  2. WordPress
  3. ベクトル 2023 イチオシのアップデートまとめ!

アドベントカレンダー参加中!

この記事は「Vektor WordPress Solutions Advent Calendar 2023」の12月25日の記事になります。

みなさんこんにちは。いしかわでございます。

昨日のことりさんの記事「WordPressテーマLightningを激推しする8つの理由」はもう読まれましたか?ベタ褒めいただいてありがたい限りです!

さて、ベクトル アドベントカレンダー 2023 最後の記事では今年のイチオシアップデートを振り返りたいと思います。

パターンライブラリの強化

今年一番力を入れたのはパターンライブラリの充実。今年1年で150以上のパターンを登録し、合計で280以上にする事ができました。こちらに登録しているパターンは一つ一つレビューしてブラッシュアップしたものを登録しているので、品質・実用性の高いパターンを増やせたと自負しています。その甲斐もありまして利用者のみなさんから高い評価を得て喜ばれています!

たぶん…

そんな…

気がするのですが…

いや…

ちらほら…そういう声をいただいていますよ…

きっと社交辞令じゃないと思うのですが…

実際どうかはみなさんの目でご確認ください… (´;ω;`)

VK パターンライブラリ | コピペで使えるWordPress のブロックパターンライブラリ

WordPress のブロックエディタで使えるパターンを公開しています。あらかじめデザインされたパターンをコピー&ペーストすることで、見た目そのままご自分のサイトで使っていただくことができます。

フルサイト編集への対応完了

ブロックテーマで受託案件に対応できるように足りないブロックを追加してきました。

VK Blocks Pro

タクソノミーリストブロック

サイドバーなどに表示するカスタムタクソノミーの一覧をリストを表示するブロック

VK Blocks Pro1.55.0でタクソノミーブロックを追加しました

VK Blocks Pro1.55.0でタクソノミーブロックを追加しました。

アーカイブリストブロック

サイドバーなどに表示する投稿タイプ別のアーカイブリストを表示

VK Blocks Pro1.55.0で投稿タイプを指定できるアーカイブリストブロックを追加しました

VK Blocks Pro1.55.0で投稿タイプを指定できるアーカイブリストブロックを追加しました。

新着バッジブロック

投稿記事が指定日数以内に表示された場合に New バッジを表示します。記事リストに New とか表示されるやつです。

VK Blocks Pro 1.62.0 で 新着バッジブロックを追加しました

VK Blocks Pro 1.62.0 で 新着バッジブロックを追加しました。お知らせ一覧などで新着記事を示す「NEW」マークを任意の期間だけ表示させることができます。

カテゴリーバッジブロック

投稿に紐づくカテゴリー・カスタム分類を一つ表示します。各タームに色を指定して、その色を背景色に指定する事が可能です。
また、表示対象のタクソノミー指定する事も可能です。

ダイナミックテキストブロック

現行バージョンでは以下の要素を表示可能です。

  • 表示中のページの投稿タイプ名
  • 表示中の固定ページの先祖階層のタイトル
  • 表示中の固定ページの親ページのタイトル
  • カスタムフィールドの値
    ※カスタムフィールドで表示内容が URL の場合 a タグもセットで出力する機能つき

VK Dynamic If Blcok

こちらは wordpress.org に登録の無料プラグインですが、今まで PHP でテンプレートに書いていたありとあらゆる条件分岐が可能です。

主に以下の条件分岐が可能です。

  • トップページ ( is_front_page() ) でのみ表示
  • 固定ページ ( is_page() ) でのみ表示
  • 指定の投稿タイプのページでのみ表示
  • 指定の投稿タイプの個別ページ ( is_single() ) でのみ表示
  • カスタムフィールドの値での条件分岐
  • ユーザー権限による条件分岐
  • 期間による条件分岐
VK Dynamic If Block – 動的条件分岐ブロック –

「VK Dynamic If Block」は、WordPress サイトで PHP の If 構文のような条件分岐をノーコードで簡単に実現できまるプラグインです。

これらのアップデートにより、一般的なビジネスサイトであれば完全にノーコードでサイト全体を自由に構築可能になりました。

その他のイチオシ機能

VK Blocks(無料版/Pro版)

VK Blocks Pro

カスタムブロックスタイル設定を追加しました

特定のブロックに独自にデザインしたCSSを簡単に適用させられるように、管理画面から登録する事ができます。

VK Blocks Pro1.49.0 でカスタムブロックスタイル設定を追加しました

VK Blocks Pro にはカスタムCSS機能がありますが、同じ装飾を毎回書くのは面倒ですよね? よく使うデザインスタイルを管理画面で予め追加する機能を追加しました。

ブログカードブロックを追加しました

WordPress以外のページでもブログカードとして表示させたり、任意のレイアウトで表示させる事ができるブログカードブロックを追加しました。
↓の埋め込みもブログカードブロックを使用しています。

VK Blocks Pro 1.62.0 でブログカードブロックを追加しました

VK Blocks Pro 1.62.0 でブログカードブロックを追加しました。ブログカードがうまく表示できないときなどにこのブロックをお試しください。

VK Block Patterns

Lightning G3 Pro Unit

今年一番反響の大きかったLightningの新機能、ヘッダーとフッターをブロックで作成して配置できる「ブロックテンプレートパーツ機能」を追加しました!

Lightning G3 Pro Unit 0.26.0 でヘッダーとフッターをブロックで作成して配置できるブロックテンプレートパーツ機能を追加しました

Lightning G3 Pro Unit 0.26.0 で、ヘッダーとフッターをブロックで作成して配置できるブロックテンプレートパーツ機能を追加しました。

その他のアップデート

Lightning

VK Blocks(無料版/Pro版)

VK Blocks Pro

ExUnit(無料)

VK Dynamic If Block(無料)

受託制作者向け

VK Filter Search Pro

まとめ

こうやって振り返るとなんだかんだ機能追加したのですね。時の流れは早いものです。

2024年は…引き続きパターンを強化しつつ、春前までにまた新しいプラグインなどを投入予定なのでご期待ください!

それではみなさん、良いお年を!

この記事を書いた人

石川栄和代表取締役
名古屋のウェブ制作会社数社に10年程度務めた後、株式会社ベクトル設立。
企画・運営・コンサルティング〜WordPressを中心としたシステム開発まで幅広く携わる。
[ 著書 ]
・いちばんやさしいWordPressの教本(共著)
・現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド(共著)
[ 最近のWordPressコミュニティでの活動 ]
WordCamp Tokoy 2023 セッションスピーカー
WordCamp Asia 2023 セッションスピーカー(LT)
WordCamp Niigata 2019 セッションスピーカー
WordCamp Haneda 2019 セッションスピーカー
WordCamp Osaka 2018 セッションスピーカー
WordCamp Kyoto 2017 セッションスピーカー
フルサイト編集に対応したブロックテーマ X-T9

フルサイト編集対応ブロックテーマ

WordPress テーマ X-T9 は、WordPress 5.9 から実装されたフルサイト編集機能に対応した「ブロックテーマ」と呼ばれる新しい形式のテーマです。
ヘッダーやフッターなど、今までのテーマではカスタマイズが難しかったエリアもノーコードで簡単・柔軟にカスタマイズする事ができます。


PAGE TOP

このデモサイトは Vektor,Inc. のテーマとプラグインで構築されています。ご購入や詳細情報は下記のリンクもご参考ください。